「大いなるもの」とは

スピリチュアリティとは、「聖なるもの」「大いなるもの」との出会いやつながりや一体感に心を開くことだと思っています。

 

ではその、「聖なるもの」「大いなるもの」とは、いったい何でしょうか。

 

「大いなるもの」は、世界を動かしている人智を超えた「何か」

心や魂などの見えない世界には、星の数ほどの○○セラピー、そしていろんな流派が存在します。

私は最初、リーディングから見えない世界に入りましたが、出会いと直感に導かれて様々なセラピーを受け、ワークショップに参加してきました。

2008 リーディング
ヒプノセラピー
レイキ
天使カード
音叉ヒーリング
EFT
キネシオロジー
引き寄せの法則
魂の愛
2009 チャネリング個人レッスン
ドルフィンスターテンプル
ソニア・ショケットWS
2010 ライトボティーの覚醒化
2012 超越(TM)瞑想
2013 サイモントン療法
バイロン・ケイティ「ザ・ワーク」
ジャーニー・メソッド
グラウンディング
2015 ヒーリング・タッチ
プロセスワーク
シュタイナー&アントロポゾフィー
2016 プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド
ケン・ウィルバーのインテグラル理論

 

こうして時系列に並べると、自分でもいろいろ体験したなぁと、感慨深いです。

いろんな流派、いろんな先生の話を聞いているうちに、心や魂などの見えない世界を語るときに共通する、ある基本的な考え方があることに気がつきました。

それは世界は“人智を超えた何か”で動いている。というもの。

 

ヒトは「大いなるもの」に振り回されるだけの存在ではない。

ヒトが小さな頭でゴリゴリ考えてもしょうがない「何か」、世界を動かしている人智を超えた「何か」

引き寄せの法則では「源(ソース)」と呼び、
ジャーニーでは「源(グレース)」と呼び、
サイモントン療法では「内なる叡智」と呼び、
U理論では「源」「内なる知」と呼び、
超越瞑想では「超越意識」と呼び、
プロセスワークでは「エッセンス」呼び、
シュタイナー「霊界」呼び、
とか、とか、とか、とか呼ぶ人もいました。

名前なんて、なんでもいいんです。

でも名前がないと不便なので、「大いなるもの」と呼ぶことにします。

 

そして多くの流派に共通していたのは、ヒトは、この「大いなるもの」に振り回されるだけの無力な存在ではないことでした。

共通していたのは、ヒトは「大いなるもの」にアクセスすることで「幸せになる力」を持っている、ということ。

 

この考え方は、犠牲者あるいは傍観者でしかなかった無力な私に生きる意味を感じさせ、私は心と魂の世界に引き込まれていきました。

 

大いなるものとは「宇宙の創造主」

私が思う「大いなるもの」のイメージは、宇宙の創造主この世界を作り出し、動かしているものです。

 

それは、ビッグバンを起こし、

 

質量を作り出し、

 

重力を作り出し、

 

原子を作り出し、

 

天体を作り出し、

 

生命を作り出し、

 

今、ワタシを動かしているもの。

 

それは、私の魂(ハイヤーセルフ)を超えて、全世界につながっているもの。


ハイヤーセルフとは

 

目に見えない存在は、他にも天使とか、妖精とか、妖怪とか、いろいろいるみたいですが、私は何となくしか感じません。(⇒チャネリングはそんな感じの練習)

それでも、森林療法や様々なセラピーで自分を超えた「大いなるもの」を感じられたことで、私は、今、ココに存在する自分に感謝し、こんな自分でも愛しいと感じるようになってきました。

 

そして今、自分自身の「幸せになる力」を感じることができるようになってきたと感じているところです。


心の癒しは「幸せになる力」に気づく旅

 

 

《関連記事》

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事