私の『リーディング』体験。~「ハイヤーセルフって誰だよ!!」

私が初めて受けたスピリチュアル系セラピーは、リーディング(READING)でした。

直訳すれば、“読むこと”。

つまり、セラピストが私の代わりにハイヤーセルフからのメッセージを受け取り、読んでくれるというもの。

 

なんて、お手軽なセラピー!!

 

 

当時、夫との関係で悩んでいた私は、セラピストさんにこんな質問をしました。

「彼にとっては、私と暮らさない方がいいのですか?」

 

その時の返事がこちら。

『質問がちが~う!!』、と、ハイアーセルフが言っています。」

思わず心の中で叫んだ言葉は、

「だれだよ、おまえ!!」

「何が違うっていうんだよ~!!!」

 

そして、言われました。↓

あなたが、どうしたいのか? を、質問してください。」

 

さらには、

『もっと自分を大切にしてください。』

『もっと、笑ってください。』

『もっと、女性らしくしてみたら?』

 

などなど・・・。

 

これらのメッセージを聞きながら、不満タラタラだった私。

だって、具体的に何を、どうすればいいか、何も教えてくれないんだもん!!!

 

それなのに、涙があふれてきて止まらないのです。

今から思えば、アタマでは理解できないけれど、ココロが知っていた真実だったのでしょう。

 

不満タラタラだったくせに、ここから、私のなが~い、スピリチュアルの旅路が始まったのでありました。

 

関連記事

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事