スピリチュアル分野では、グラウンディングは、「地に足をつけること」という意味で使うことが多いです。(⇒グラウンディングの意味とは)

それでは、もう少し深く調べてみましょう。

「grounding」とは

まずは、英語の意味から調べます。

元の単語の『グラウンド ground』の意味でなじみ深いのが『地面、土地』という名詞です。

これが動詞になると、『地面に置く、設置する』だけでなく、『基づかせる、教え込む』という意味もあるそうです。(⇒weblio辞書「ground」より)

そして、動名詞である『グラウンディング grounding』の主な意味は『基礎教授』

《例文》
a good grounding in English
十分な英語の基礎
(⇒weblio辞書「grounding」より)

 

なるほど~。

 

もちろん、『電気装置を接地すること(=アース)』という意味もありますが、『基本を教育すること』という意味の方が、メインなんですね~~~。

そう考えると、グラウンディングとは、単に『地に足をつけること』だけではなく、『大地とつながるように、基礎をしっかりすること』という意味になるのかもしれません。

 

 

 

私が学んだグラウンディング

私が学んだグウンディングは、カラダとつながり、自分の本質につながることでした。
グラウンディングは自分の本質につながること

 

教えてくれた本郷綜海(ほんごうそみ)さんは、『私たちの魂の器である「体」に、私たち自身の「意識を根付かせる」こと』という意味合いで使っているそうです。⇒グラウンディングとは

実際のワークでは、目を閉じて立ってもらい、こちらの声の誘導に従って、頭の真ん中から足の裏までを、意識しながら感じてもらいます。

(2017.1.30 明治神宮にて)

そうしてカラダに意識を入れると、今、ココ。にいる自分を明確に感じ、自分の本質、さらに、”ハイヤーセルフ”からの声が聴こえやすくなるような気がします。(⇒ハイヤーセルフとは何か)

カラダを感じることは、心の癒しの第一歩

感情は、実際に生理的な変化を引き起こします。

知覚や感情は肉体の活動

カラダをしっかり感じることは、自分の感情とも仲良くなること。

それは、心の癒しの第一歩になるのです。

幸せになる力のヒミツ~「ボディ」へのアプローチ

 

《おまけ》

 

 

 

森林グラウンディングの体験談はこちら

どれもただそこに居て生きている(2016.3.31)
自己肯定の時間(2017.1.30)
地球からメッセージがやってきた(2017.1.30)
自然と自分が調和しつつも間合いがある(2017.4.25)

 

 

Follow me!