森に癒しの力があることは、誰もが認めるところです。

森の中にいるだけで、私たちの心は開かれ、癒されていきます。

さらに、五感を全開にして自然を感じると、もっともっとが開いていきます。

 

それには、ちょっとしたコツがあります。

いつでも、どこでもできるこのワーク、お昼休みにお弁当を食べる公園、ワンコちゃんとのお散歩道、お子様と遊ぶ公園などで、ぜひ試してみてください。

五感を開くワーク

自然の中で、気に入った緑の景色を眺めながら、軽く目を閉じてみましょう。

ヒトは、視覚からの情報が80%を占めるそうです。その視覚を閉じて、他の感覚に集中していきます。

 

まずは、に意識を向けましょう。どんなが聞こえるでしょうか。

一番遠くから聞こえるは?

一番近くから聞こえるは?

自分が心地よいと感じるは?

 

の声、せせらぎの音。あるいはヒトの話し声、電車自動車が通り過ぎる音が聞こえるかもしれません。

じっと、耳を澄ませてみましょう。

 

 

次に、香りに意識を向けます。

緑の香り?

土の香り?

雨上がりの香り?

虫よけスプレーの香り?

キンモクセイの香り?

 

季節によって、天候によって変わるかもしれません。今感じる、今日の香りに集中してみましょう。

 

 

つぎは、皮膚感覚に意識を向けます。

は吹いているでしょうか。吹いているとしたら、どこから吹いてくるでしょう?

右から?

左から?

前から?

斜めから?

 

太陽の暖かさは感じられるでしょうか。

太陽の明るさはどうでしょう?

太陽はどこから当たっているでしょうか。

 

 

の感覚にも意識を向けます。

足の裏にあたるの感覚、その下の、あるいはアスファルト、あるいは砂利・・・。

 

 

 

自分の聴覚、嗅覚、触覚を十分に感じたと思ったら、ゆっくりと目を開けていきましょう。

 

そして、目の前の景色をもう一度感じます。

目を閉じる前と比べて、違いが感じられるかどうかを探ってみましょう。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

この五感を開くワークでは、最後に目を開けたとき、

 

「緑が鮮やかになった。」

「視界が広くなった。」

「奥行きを感じるようになった。」

「緑の中に存在する自分を感じた。」

 

などなど、ワーク前とはちょっと違う感覚を感じる方が多いようです。

 

参加者Mさんの声↓

一番はっきりと効果が実感できたワークでした。

ワークする前と、見える世界が変わってしまい、本当に驚きました。

視覚的には、奥行の感覚や輪郭コントラストがすべてくっきりとして、その美しさにそのままずっとたたずんで見ていたいくらいでした。

 

さぁ、あなたはどんな感じがしたでしょう。

ぜひ、試してみてくださいね。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト