サルに無視された体験~森の精霊からのプレゼント

自然界の声を聴いて、
もっと自分を好きになる!!
 
“森と魂のセラピスト”
飯田みゆきです。

 

 

 

今日は、

森林療法の講座で

いつもお話している

 

“サルに無視された体験”

 

を紹介します。

 

(2008年11月、穂高養生園で撮影)

 

 

 

 

2008年、目の前の現実から

逃避したかった私は、

 

1週間休みをとって、

長野県の穂高養生園で

過ごしたことがあります。

 

穂高養生園は、

安曇野の森の中にある、

養生を目的とした宿泊施設です。

ホリスティックリトリート穂高養生園

 

 

食事はすべて

マクロビオティック。

 

 

 

しかも、

朝10時半と夕方5時半の

1日2回のみ。

 

その他の時間は、

すべて自由時間です。

 

 

施設でゴザを貸りて、

近くの森の中で

瞑想をする毎日でした。

 

 

 

 

季節は11月上旬、

秋真っ盛り。

 

野生動物も冬に備えて

しっかり食べる季節です。

 

 

森の中で瞑想をしていると、

サルの群れがやってきました。

 

 

 

 

子ザル、親ザル、

ボルザル(みたいな大きいサル)、

全部で20匹くらいの群れでした。

 

 

 

 

 

不思議と

怖くありませんでした。

 

 

 

 

お菓子を持っていなかったし、

瞑想していて、

ぼんやりしていたことも

影響しているでしょう。

 

 

サルの方も、

私に気づいていたようですが、

特に興味を示すことなく、

 

食べ物をつまみながら、

私の前後を遠巻きにして

通り過ぎていきました。

 

 

 

そう、私は

サルに無視された

のです。

 

 

 

一番近くを通ったサルは、

10mくらいの距離だったかな。

 

 

 

 

それはまるで、

自分が森の一部に

なったかのような、

 

森と一体化したかのような、

不思議な体験でした。

 

 

 

 

この話は、

森林療法の講座では

いつもお話します。

 

ところが、昨日、

ファーマシーミナミで話をしていて、

ふと気づいたのです。

 

 

 

 

 

 

この体験の中にある

私の記憶は、

 

“世界のやさしさ”

 

であり、

 

“絶対的な安心感”

 

であり、

 

自分を超えた

“大いなるものとの

つながり”

 

 

だったのです。

 

 

 

私はこの世界にいても

安全である。

 

 

 

 

無意識領域に入っていた

そんな感覚を思い出しました。

 

 

 

 

 

「野生のサルは攻撃する」

 

という先入観を脇に置いて、

 

『こちらに攻撃の意思がなければ、

相手は攻撃してこない。』

 

と感じた体験は、

森の精霊から私へのプレゼント

だったのかもしれません。

 

(2008年11月、穂高養生園にて撮影)

 

 

もちろん、この方法を

皆様にお勧めするものでは

ありません。

 

穂高養生園のスタッフにも、

サルには十分注意するように

言われました。

 

 

しかし、私の中で、

自然界や人間社会との関わりを

信頼する記憶として

大切に保管されていたのでした。

 

 

 

これが、もしかしたら

セラピーで「シャドー」と向き合う時の

信頼に繋がっているのかもしれないなーと、

思った次第です。

森林はシャドーと向き合う勇気をくれる?

 

森の癒しが気になるひとへ

 

(おわり)

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

 

☆個人セッションのお申込み受付中

自分を探究するお手伝いセッション

 

☆下記イベントのお申込み受付中

Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

 

シュタイナーの著書の読書会

 

☆メルマガ このブログの更新情報をお届けします。

「自然界の声を聴いて、もっと自分を好きになる!!」

   (週一回、毎週金曜日の配信です。)

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事