先週日曜日は、ホリスティック医学協会の植物療法ネットワークでした。

このセミナーでは、毎年1つの症例についてハーブ、アロマ、バッチ、園芸療法、森林療法の各分野からのアプローチを検討し、ディスカッションします。

私は、森林療法の立場からのアプローチを紹介しました。

今回、ディスカッションの流れで、バッチフラワーレメディでは、カウンセリングの中で様々な感情を取り扱い、それは「シャドー」ともいえますね、という話になりました。

森林は、「感情に向き合え」とも言わないし、どんな言葉もかけてはくれません。しかし、森林の中では人は心を開き、自分の心を受け入れやすくなります。

その時、ふと思ったんです。森林はシャドーと向き合う勇気をくれるのではないか、と。

「シャドー」とは、私たちが日常生活の中で拒絶・隠ぺいしている性格や感情などで、無意識化され、病理的な症状を起こすことがあります。

こうした無意識の領域を積極的に探求して、そこに隠ぺいされているものを健全な形で解放・統合することは、私たちが包括的な治癒と成熟を実現していくためには必須の活動であるそうです。(「ケン・ウィルバー『インテグラル理論入門』春秋社」より

シャドーに向き合うには、ある程度心構えが必要です。多くの人が、自分の本当の気持ちに気づくことを恐れています。私もそうでした。

森林とふれあい、自分の心が開くことに慣れてくると、シャドーに向き合う勇気が与えられるように思います。

 

私の場合、自然と親しむことで、会社社会に存在する自分とは別の自分を感じることができました。

ここに、本当の自分がいると感じたものです。

しかし、それだけでは、まだまだ自分への不足感に焦りを感じることが多くありました。

 

そんな私に一番最初に「シャドー」と向き合うきっかけをくれたのは、リーディングでした。

ナゾの「ハイヤーセルフ」という存在が、もっと自分を大切にしろと言っている、と言われても、最初は本当に意味がわかりませんでした。

その後、インナーチャイルドやヒプノセラピー、ジャーニーなど、リラックスしながら自分で自分の内側と対話するセラピーを何度も体験することで、自分自身の中にある、見たくなかった自分、隠していたかった自分と統合し、少しづつ、自分との調和が生まれてきたように思います。

リラックスした状態で感じる、天使の愛、インナーチャイルドの思い、どこからやって来るのかわからない、意味なく感じる無限の愛。

私の身体は受精卵の時から私を愛している、と気がついたときには、本当に涙が止まりませんでした。

自分が無意識の領域に隠していたあらゆる思いを顕在意識に浮上させると、他者への許せる範囲が多くなったように思います。

私に、シャドーと向き合う勇気をくれたのは、自然の中での体験だと思っています。時々、ワークショップなどで、私のセラピーへの入りっぷり、集中っぷりを誉められます。

すべてを受け入れてくれる大自然の安心感の記憶が、セラピーへの信頼に繋がっていると感じます。
皆さんも、大自然の中で安心感を感じたら、ぜひ次のステージである自分の本質との出会いに出かけてみましよう。

そこもやはり、愛に溢れる暖かい場所であることに気づくと、世界に存在する自分にもまた安心感が感じられるかもしれません。

↓ごっちゃまぜの、鹿児島仙巌園の自然。これがいいのよ・・。
20160201仙巌園

Follow me!