自己受容/自己表現への道

小さいころからずっと、自分との調和がテーマでした。

自己否定の強いワタシから、自己肯定、自己受容へいたる道のりの軌跡。

まだまだ道の途中です。

自己受容できると、自己表現も怖くない気がする。