2016年3月、「自然ガイドへの道~いつかきっとインタープリター物語」を書きながら、途中でいろいろなことを思い出して苦しくなり、がっつり風邪をひいてしまいました。

昔の自分について考えると、当時は何も知らずダメダメだったなぁと感じることがあります。

そして、当時の自分はダメで今の自分は良い、という罠にはまってしまう。

 

違う場所に行けば、

違う仕事をすれば、

違う自分になれば、

幸せを感じられると思っていた。

 

そんな自分に『違うよ。今の自分をそのまま愛することだよ。』と伝えたくて書いていたんだけど、実は、あのときの私を否定している今の自分に気が付いた。

『そんなんじゃダメだよ。そんなことしてても変わらないよ。』って。

 

だけどね、あのとき、精一杯生きた私がいたから、今がある。

あのとき中途半端にしていたら、今も見えていないものが、きっとある。

『あのときの私は、今私が持っている叡知や、新しい考え方を持っていなかっただけ。』

↑私が時々参加するジャーニーでは、こんな言葉を伝えます。

 

ありがとう、あのときの私。
ありがとう、思いをぶつけてくれて。
ありがとう、頑張ってくれて。

たとえそれが「頑張っても満たされない」という結果につながったとしても、頑張らなかったら、味わうことはなかったね。頑張りきったから、違う方法を探すことができたんだ。

今日は、あのときの私を抱きしめて瞑想をしよう。

そこから次に進もう。

そして、あのときの私も一緒に、次に進もう。

《2016年4月》

そして、私の旅は続くのです。


 

Follow me!