癒しの第1ステップ~ホッとする、安らぐ【生物の癒し】

「癒し」とは

今や、生活のあらゆる場面で使われる言葉、「癒し」。

まず、「癒し」とはなんでしょうか。

とても身近な言葉ではありますが、現在のように広く使われるようになった歴史は意外と浅いようで、広辞苑などの辞書には「癒し」という名詞形ではなく、「癒す」という動詞で載っています。

「癒す」・・・病気や傷を治す。飢えや心の悩みなどを解消する。地蔵十輪経(元慶点)「疾を癒すこと良医の如し。」「渇を癒す」「時が悲しみを癒す」(広辞苑)

 

地蔵十輪経は、地蔵菩薩の教えを説いた仏教経典で、仏教では「癒し」という言葉は精神的・肉体的な病苦からの解放、魂や心の救済を意味する言葉として使われていたようです。

1990年代後半から、「癒し」という名詞形が現代におけるストレスからの解放・心の安らぎを表現する言葉として使われるようになり、1999年には流行語大賞のトップテンに入賞しています。この時の受賞者は、癒しをテーマに熊野で地方博覧会を行った、和歌山県知事でした。

 

こちらに、2000年代に「癒し系」と呼ばれていたものを挙げてみました。

●癒し系アイドル
乙葉・井川 遥・優香・長谷川京子・仲間由紀恵

●癒し系キャラクター
たれぱんだ・お茶犬・しばわんこ

●癒し系アート
相田みつを

●癒し系音楽
クラシック・オルゴール・民族音楽・せせらぎ・鳥の声

●癒し系グッズ
竹炭・観葉植物・レインボーメーカー

 

「たれぱんだ」は、1998年に文房具メーカーのサンエックスから発売されたキャラクター文具が人気となったものです。

「お茶犬」は、伊藤園の「お~いお茶」のおまけストラップでおなじみですね。セガトイズとホリプロが、2002年に「癒し」をテーマとして開発したキャラクターだそうです。

「しばわんこ」は、2006年、NHK総合テレビの『ゆるやかナビゲーション』という「癒し」をテーマにした情報番組で放送されている短編アニメの主人公で、「和」の心を愛する柴犬という設定になっていました。

 

これらの「癒し系」に共通するのは、なんとなく心が和む、安心感があるという感覚です。ある調査では、キャラクター商品に求める効果のトップ3は、安らげる、やさしくなれる、気分をリフレッシュできる、とのことでした。

これらの「癒し系」とよばれるものを眺めてみると、現代の自分をを見失いがちな生活の中で、心の落ち着きや安らぎをもたらし、ほっと一息つける時間・空間に、「癒し」を感じるものと思われます。

 

森林療法の視点からの「癒し」

では、改めて「癒し」とは、一体何でしょうか。

まずは、「森の癒し・森林療法」の視点から考察してみましょう。

 

元森林総合研究所の宮崎良文先生は、「森林浴はなぜ体に良いか」という著書の中で、以下のように述べています。

快適性とは人と環境間のリズムの同調である。

身近な自然と接することにより、自然との間に同調関係が生じ、高すぎる緊張状態が緩和され、本来のヒトとしての姿に近づき、リラックス状態がもたらされる。

 

また、マキ・フジタヒーリングスクール校長の藤田真規先生は以下のように述べています。

究極の癒しとは、自然と一体となること、自分が大自然の一部だと分かること。

より

 

現在、人工化された環境の中で、私たちの体は常に緊張状態にあります。

人間は、500万年にわたる人類の歴史の中で99.99%以上を自然環境の中で生きてきたため、太古の記憶の中にある自然界という環境との間に調和を感じ、安らいだり、ほっとする感覚が、「森の癒し」なのでしょう。

それは、生物としての基本の「癒し」です。

 

心理学の視点からの「癒し」

次に、心理学の視点から考察してみましょう。

マズローの欲求段階説

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、人間の基本的欲求を5段階にまとめました。

【マズローの欲求5段階説】

①生理的欲求

②安全・安定の欲求

③所属と愛の欲求(社会的欲求)

④承認の欲求(尊厳欲求)

⑤自己実現の欲求

 

①生理的欲求、②安全・安定の欲求が満たされることは、生物としての基本の「癒し」です。

③所属と愛の欲求(社会的欲求)、④承認の欲求(尊厳欲求)は、社会性動物としての欲求です。

人間は、感情と思考を駆使して複雑で秩序ある集団社会を形成しています。③所属と愛の欲求(社会的欲求)、④承認の欲求(尊厳欲求)が満たされるとき、私たちは今いる環境に調和を感じ、ホッとして安心します。これは、社会的動物としての【生物の癒し】です。

 

ここまでの①~④の欲求は欠乏欲求とも呼ばれます。

この欠乏欲求が満たされる感覚が、「癒し」の第1ステップです。

 

ロジャースのカウンセラー三条件

産業カウンセラーでもおなじみの、カウンセリングの神様、カール・ロジャースは述べています。↓

自己にとってどんな脅威もない条件下では、防御性から離れ、生命体が自らをよりよく実現していこうとする潜在的な力に従う。

 

『自己にとってどんな脅威もない条件下』・・・それは、生物として今いる空間にホッとして安心できるとき・・・。

 

ロジャースが提唱したカウンセラーの姿勢としての三条件は、この【生物の癒し】を提供できる空間であるとも言えます。

カール・ロジャースのカウンセラーの中核三条件

1.共感的理解
相手の話を、相手の立場に立って、相手の気持ちに共感しながら理解しようとすること。

2.無条件の肯定的関心
相手の話を善悪の評価や好き嫌いの評価をせずに聴くこと。相手の話を否定せず、なぜそのように考えるようになったのか、その背景を肯定的な関心を持って聴くこと。

3.自己一致
相手に対しても、自分に対しても真摯な態度でいること。

 

以上をまとめると、「癒し」とは、

『自分の存在と、周囲の環境・空間とが調和する感覚』

と考えられます。

 

インテグラル理論の視点からの「癒し」の第1ステップ

では、ホッとする、安らぐ【生物の癒し】が「癒し」の最終形態なのでしょうか。

どうやら、私たち人類は、その先の「癒し」を求めるようなのです。

 

インテグラル理論の提唱者、ケン・ウィルバーによれば、宇宙は複雑化する方向へと進化しているそうです。

地球上では『物質界』『生物界』『心界』と、より複雑化した世界が次々と誕生してきました。

 

ビッグバン

宇宙、すなわち『物質界』の誕生

 

生命体の誕生

生命体は『物質界』と統合し、より複雑化した『生物界』へと進化

 

神経系、『心界』の誕生

動物、人間の誕生

 

 

 

宇宙は今も、より複雑化する方向に進化を続けています。

より複雑化する進化のためには、『心界』『生物界』と統合されていく必要があります。しかし、地球上に誕生して日が浅い『心界』は、まだ『生物界』と統合できるほど複雑化できていません。

 

16世紀以降のルネサンス、自然科学の発達は、『心界』複雑化するための初期段階でした。自然科学は『心界』を使って『生物界』を考察する、つまり『心界』『生物界』を一時的に分離(差異化)する過程です。

 

あれ?

新たな統合に向かうのに、分離したらダメなんじゃないの?

 

いえいえ、一度きちんと分離をすることで、しっかり複雑化することができるのです。『生物界』と同じくらい複雑化することで、『心界』は真の意味で『生物界』との新たな統合が可能になります。

 

ところが現代では、『生物界』『心界』との分離が行き過ぎてしまい、西洋近代科学は様々な問題を抱えてしまいました。

 

ホッとする、安らぐ感覚は、分離しすぎてしまった『心界』『生物界』が再び一体化したときの感覚、すなわち自然界の一部であるワタシが、生物としての存在に調和を感じたときの感覚、【生物の癒し】なのです。

 

 

癒しのセラピー、森林療法、植物療法、整体などのボディワークで癒されると感じるのは、『生物界』『心界』とのつながりを取り戻す営みだからです。

 

これが、癒しの第1ステップ。

【生物の癒し】で、しっかりホッとして安らいだら、第2ステップへの扉は自然と開かれていきます。

 

 

まずは、第1ステップでしっかり安らぐ

まずは、難しいことを考えずにホッとして、安らぎましょう。

そして、私たちが自然界の一部であり、『生物界』『心界』の両方を持つことを全力で感じきりましょう。

 

そのためのセラピーは、星の数ほどあります。

お好きな入口からお入りください。

 

森林療法

植物療法

ボディワーク

グラウンディング

感情の癒し

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師/公認心理師/産業カウンセラー/プロセスワークプラクティショナー/森林インストラクター/森林セルフケアコーディネーター/メディカルハーブプラクティショナー/ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー/日本森林療法協会元理事