スピリチュアリティとは「大いなるもの」との一体感

心や魂といった、見えない世界を語る上で欠かせない言葉、「スピリチュアリティ」。

wikipediaでは以下のように書かれていますが、長くてよくわかりません。

『スピリチュアリティは英語:Spiritualityのカタカナ表記で、訳語には「霊性」「精神性」などがある。etc. etc.・・・』(wikipedia「スピリチュアリティ」より)

 

こういう時は、自分がしっくりくる部分を抜き出します。

「聖なるもの」「大いなるもの」との出会いやつながり(あるいは一体感)によって、自分が「生かされている」ことを実感するものである。』(wikipedia「スピリチュアリティ」より)

 

私はその昔、“スピリチュアル”というと、オーラが見えたり、他人の声が聞こえたりというイメージを持っていました。

初めて受けたスピリチュアルセラピーはリーディング。セラピストが私のハイヤーセルフのメッセージを聞いて、教えてくれました。(⇒『私のリーディング体験』)。

その後、自分でもハイヤーセルフの声を聞きたいと思い、チャネリング個人レッスンやリーディング・ヒーリングのスクールに通いました。

ところが、そこで体験したのは特別な能力の開花ではなく、“自分を信じること”の練習でした。


 

卒業するころには、前世オーラ波動集合意識、そういうものはどうでもよくなりました。あってもいいし、なくてもいい。

 

スピリチュアリティとは、自分の魂を信じること

心や魂など見えない世界の癒しに大切なのは、

いかに、大いなるものとのつながりを信じることができるか。

起きていることはすべて最善であると信じることができるか。

そして、自分の魂を信じることができるか。

だと感じました。

 

それは、「聖なるもの」「大いなるもの」との出会いやつながりであり、一体感です。

これらの可能性に心を開くことが、「スピリチュアリティ」なのだと思っています。

 

《関連記事》

 

 

《セミナー情報》

「心と魂の癒しワーク&セミナー~薬剤師が探る幸せになる力」

 

《関連記事》

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト