天から使われた”おばあちゃん”に出会った話

ある日の薬局の昼休み。

エスカレーターで1階に降りようとしたら、足元が不安定でエスカレーターに乗れないでいるおばあちゃんに遭遇。

下では先に降りた家族の方がおばあちゃんを呼んでいる。

私は家族の方に伝えて、エレベーターでおばあちゃんと一緒に降りることにした。

 

エレベーターを待つ間、ふいにおばあちゃんが私の手を握ってきた。何か話すわけでもなく、淡々とエレベーターを待っていただけなのに。

おばあちゃんは一言も発しない。

ただ、おばあちゃんの手が心細い心境を物語っていたので、私も握り返した。

一緒にエレベーターに乗り、1階に着くと家族の方が待っていた。家族の方にお礼を言われて、私はおばあちゃんと別れた。

 

たったこれだけの出来事が、私の心をとらえて離さない。

おばあちゃんと手を繋いでいた時の「頼られ感」は、子供のいない私の人生で味わったことのないものだった。

おばあちゃんは私より背が低く、顔は見えなかった。そしておばあちゃんは一言も発しなかった。

 

これは、どんなメッセージなんだろう?

「あなたの存在を信じて良いですよ。」

 

おばあちゃんの手は、私自身の手。私を信じて良いというメッセージなのかも。

突然出会ったおばあちゃんは、もしかしたら天使だったのかもしれない。私自身にOKを伝えに来た天の使い。

おばあちゃんの手の温もりを忘れない。

おばあちゃん、ありがとう♪

Follow me!