私の『ヒプノセラピー』体験〜直感に従う勇気の練習

2008年、初めて過去世を見る『ヒプノセラピー』を受けたときのことでした。

 

「はい、過去世に来ましたよ~。」

と、言われても、

いやいや、今の私のままだし。

何にも見えないし。

何も感じないし。

現在の自分がいるだけだし。

・・・という状況でした。

 

※セラピストの方の名誉のために補足しますが、きちんと丁寧に誘導してくださっています。

 

⭐︎

 

何も見えないけど、お金も払っちゃったし、もったいないから、とにかく何とか話を紡ぎだして、セラピーを終えました。

誘導に従って、それなりに過去の記憶を書きかえたり、過去からのメッセージをもらって、泣いちゃったりもしましたが、リーディング体験の時のような感動はなく、全て私の作り話のようで、ピンときませんでした。

 

 

今思えば、

“自分が感じたことを信じて言葉にする”

という初めての体験だったのだと思います。

 

 

その後、いろんなセラピストさんのヒプノセラピーを受けてみて、なんとなく理解してきました。

 

①感じて、

 

②信じて、

 

③言葉にする。

 

ヒプノセラピーは、この繰り返しなのだ。

これを繰り返す中で、少しづつ、自分の感覚と仲良くなっていくんだ。

 

 

スティーブ・ジョブズ氏が2005年6月にスタンフォード大学で行った演説に、

『have the courage to follow your heart and intuition.

(自分の心と直感に従う勇気を持つことです。)』

という一節があります。

 

なぜ、勇気(courage)なのか。

 

それは、心の声を

「自分の真実の声だ」

と認識するまでには、慣れと時間がかかるからではないかと思います。

 

私の場合、場数をこなすうちに、だんだんと慣れていきました。

慣れれば、勇気(courage)は自然と生まれます。

 

 

そして、③言葉にすること。

ヒプノセラピーでは、感じたことをセラピストさんに言葉で伝えます。

過去生の服装の場合もあれば、辛い気持ち、自分へのメッセージの場合もあります。

言葉にしたとたんに、感情があふれてきて涙が止まらないこと、ありませんか?

 

私たちの脳は、思考をまず日本語として認識します。

今、何か考えていることを心の中で言ってみましょう。

それだけでも、ふわ~っとしていたエネルギーが収束していくのを感じられますよね。

 

さらに、声帯を震わせ音声として発すると、エネルギーがギュッと集まって密度が濃くなります。

 

言葉にすることは、肉体を振動させ、地球の大気(窒素約80%、酸素約20%)を振動させること。

 

涙も声も、物質であるカラダの働きであり、ATP(アデノシン3リン酸)を消費しての生命活動です。

涙が出るということは、思考が三次元の地球とつながったしるし。

(↑wikipedia『アデノシン3リン酸』より)

 

私たちは、ビッグバンから130億年を経て、今、地球の上に生きています。

言葉にすることは、今、ココの私を体感することなのです。

 

①感じて、

(勇気をもって)信じて、

③言葉にする。

 

そうして、徐々に自分とつながっていくことが癒しへの道のりであり、ヒプノセラピーは、直感に従う勇気を練習するセラピーだと思っています。

 

関連記事

 

 

 

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事