昨日の早稲田大学オープンカレッジ「生命(いのち)のにぎわいを探る」は、哺乳類のお話でした。

先週はクマで、今週はシカ

哺乳類の研究というと、野山を駆け巡って野生動物を観察するのかなぁと思うと、なんだかちょっと憧れます。

もちろん、そんな研究もあるようです。

しかし、クマシカに関して懸念されているのは生息域個体数の増加。

江戸時代からの変動について調査しているそうです。江戸時代の生息域・個体数って、どうやって調べるのでしょう?

これは、津軽藩や盛岡藩の家老の記録帳から算出するのだそうです。熊は胆嚢、鹿は毛皮が江戸で高く売れたらしく、家老も小まめに捕獲数を記録しています。

漢文形式の記録帳をスラスラと読んでいく先生は、とても哺乳類の研究者とは思えません。一緒に手伝った学生さんも、まさかこの研究室で漢文読むとは思ってなかったんじゃないかな。

が、これが研究なんだなとも思うわけです。

 

知りたい事実をつかむために、研究者本人が元データに取り組む。

そこから滲み出るのは、本物のエッセンス

 

ジャーナリズムの情報は、なんとなく消費者が喜びそうな情報に加工されている匂いがして、あまり気持ちよく感じないことがあります。

一次情報と向き合った研究者の話は、情報消費者への媚びがなくて、清々しく感じます。

フィールド調査もやるし、漢文も読む。

きちんと情報に向き合った人の言葉は、視野も広い。

 

これは、このシリーズを通して、どの先生からも感じました。

そして、この生物多様性シリーズの先生たちからは、シャドーの陰りもあまり感じなかったのですが、その話は、いずれまた。

↓絵を習っていたときに描いたウシのスカル。
(哺乳類の写真がこれしかなかった。)
20100101ウシ

Follow me!