早稲田大学オープンカレッジでは、今週から「やさしい鉱物学」も受講しています。

しばらく前から気になっていた鉱物の世界。

スピリチュアル界の人々は、みんなが大好き。

でも、私は、どうしても生き物の世界ほどピンと来ていなかったので、まずは、科学的観点からの講座を受けることにしました。

地学専門の先生の講義は、鉱物の定義から始まります。

鉱物の基本的要素は、

1.一定の化学組成(←どの元素がどんな割合で入っているか。)

2.一定の結晶構造(←規則的な原子の並び方)

3.地質学的な過程を経てつくられた。

 

へぇ~。

なるほど、鉱物とはそういうものだったのか・・・と、いきなりスッキリ。

 

同じ元素からできていても、原子の並び方が違うと、違う名前をつける。それを「種(しゅ)」と呼ぶのだそうだ。

生物の世界と一緒じゃ~ん、と思ったら、生物と違って学名はないとのこと。宝石界地学界で違う名前で呼んでいたりして、それはそれで大変そうだ。

 

それよりも・・・、ですね。

定義の中で大切なのは、3.地質学的な過程を経て作られていること。

真珠サンゴは生物由来だから、鉱物にはならない。

一方琥珀は、古代の樹脂が地中に埋もれて化石化したものだから、鉱物

地球のなせる技で生まれたものが、鉱物なんだそうだ。

 

火山とか、マントルとか、地球の動きと変化の中で生まれて、変化する鉱物

もし地球にがあったとしたら、地球が、自身の歴史の中で育んで生み出している鉱物

鉱物は、地球の時間とともに結晶構造化学組成を変化をさせていく。

 

地球のほとんどは鉱物でできていて、生物なんてゴミみたいなものだって。

そりゃそうだわな。

うむむ。いきなり面白い。

 

共有結合でできた分子とは違う、結晶という新たな世界。

いわゆる「合意された現実」での鉱物を知ることで、それぞれの鉱物のスピリットを、私の中に育んでいけたらいいなあ。

イイダミユキ、ついに鉱物界に参入。

鉱物からメッセージをもらえるようになる日も近い。(きっと)

こちらもどうぞ⇒結晶の世界vs動的平衡の世界

*********************************************

テキストと私。裏表紙に注目。「鉱物の魅力に目と心をときめかそう」ですぜ。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト