結晶の世界 vs 動的平衡の世界~大人のための石ころの科学を受講しました。

昨日は、トトラボ植物の学校での、
大人のための石ころの科学
を受講してきました。

今年の1月に、
早稲田大学オープンカレッジで
少しだけ基礎を学んだので、
ちょっと鉱物が面白くなってきていたところです。

今回の先生は、
東京都市大学知識工学部
自然科学科地球科学研究室 准教授の
萩谷宏先生。

先生によると、

『生物はミカンの表面に生えたカビみたいなもの、
 人間はカビに付着するバクテリアみたいなもの。』

早稲田大学の松原先生も

『生物なんてゴミみたいなもの。』

と言っていた。

おんなじだ~。さすが。

そして、
昨日のキーワードは

「光学的異方性(こうがくてき いほうせい)」

何やら難しそうですが、
私の理解によると、

『物質に入った光が、
 直交する振動方向を持つ
 二つの光に分かれること。』

参考⇒宝石と光学的異方性

鉱物だけでなく、
一定方向の原子配列を持てば、
材木やプラスチックなどの有機物も、
この性質を持つそうです。

例外は、
ダイアモンドのように、
“等軸晶系”と呼ばれる
特定の結晶を持つ鉱物。

特殊な結晶構造なので、
光学的異方性の性質を持たない。
(「光学的等方性」という。)

この”光学的異方性、等方性”を意識して、
鉱物のスピリチュアル的性質を感じると、
何か新しい理解が得られそうな気がする。

早稲田大学の講座でも感じたけど、
鉱物の世界は「結晶」の世界。

生物の「共有結合」の世界とは
次元が違うスピリットが
存在しているんだと思う。

さらに、
生物は生命活動をするために、
原子配列は破壊と再生を繰り返している。

そのため、
生きている生命体の物質では
“光学的異方性”は観測できないとのこと。

私たちのカラダは、
原子配列からできていて、
そういう意味では鉱物と同じ物質。

しかし、
生命の原子配列は動的平衡のために
破壊と再生(新陳代謝ともいう)を
繰り返さなければいけない運命なので、
そこは鉱物とは違う物質。

そうか、だから
「鉱物は欲望を持たない力で
 形成される(byシュタイナー)」んだ。

だから、
鉱物は自分とつながる
サポートをしてくれるのかもしれない。

ふむふむ。

とりあえず、
光学的等方性と異方性に分けて、
スピリチュアル系ストーンセラピーの
効能・効果を比較してみたくなった。

気がむいたら、やってみる。

早稲田大学オープンカレッジ
受講の感想はこちら
いざ、鉱物の世界へ
鉱物は欲望を持たない力で形成される

 とっても重かった
↓灰重石(かいじゅうせき)。

タングステン(元素記号はW)が
入っていて、比重は6.1

他の鉱石の比重は3~4が多いので、
重い部類に入る。

タングステンの原子番号は74、
原子量は183.84だから、
重くて当然。

こういう”数字”と、
持った感じとの一致感は、
今、ココに生きていることを
感じさせてくれます。

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

☆このブログの歩き方
CONTENTS

☆個人セッションのお申込み受付中
自分を探究するお手伝いセッション

☆下記イベントのお申込み受付中
森の癒しを考えたい人へ
NPO法人日本森林療法協会森林セルフケアフォーラム10/10

森で癒されたいひとへ
森林グラウンディング体験会のお知らせ

植物と深くつながりたいひとへ
植物名のない観察会&植物名を調べ尽くす植物観察会のお知らせ

自分とのつながりを深めたいひとへ
瞑想会(ミトコンドリアを感じる瞑想会他)のお知らせ

英語と戯れたいひとへ
Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

☆ステップメール
「森で癒されるヒミツ」
「ココロに響いた植物&自然界からのメッセージ」

☆メルマガ
このブログの更新情報をお届けします。
「自然も自分もまるっと感じて、ほんのり楽しくなるメルマガ」

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事