秋から通ったプロセスワーク基礎コースでは、受講生は二人だけでした。

たったひとりの同期生に最後に言われた言葉は、

「存在が深くなったね。」

 

よく考えたら、不思議な言葉。

 

存在って深くなるもの?

あるとか、ないとかでなくて?

 

そういえば、昔から存在感のない人間だったと思う。

 

いるか いないか わからない存在。

いても いなくても どっちでもいい存在。

 

だから、この言葉はとても嬉しかった。

 

自分としても、なんだかずっと不安定だった。

身体はここにいるのに、本当の自分はいない感じ。

 

グラウンディングや瞑想をするようになって、少しは安心できるようになった様な気がする。

グラウンディングも、身体に意識を入れる。

プロセスワークでも、何度も何度も身体の感覚を感じ続けた。

 

少しは身体に意識が入るようになったかな?

 

4か月間、一緒に学んだ田中留亜さんと。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト