あなたがその仕事をとても大切に作り出していることを、私は知っているよ。

 

たくさんの時間を使って、

相手を思いやって、

可能な限りのすべてを尽くして、

自分を捧げて作っていることを、

私は知っている。

 

そんなに大切に作ったものなのに、

投げやりに扱われて、悲しかったね。

 

あなたが大切に思っているほどに、

相手が大切に思ってくれなくて、寂しかったね。

 

本当に、本当に、

あなたはその仕事を大切に作り出していたんだから。

 

寂しくてあたりまえ。

悲しくてあたりまえ。

 

お客様は神様なんかじゃない。

 

あなたが大切に作り出した仕事は、大切に扱ってもらう価値がある。

ホスピタリティも、おもてなしも、気遣いも、細部までの丁寧さも、ぜんぶぜんぶ、あなたが大切に作り出したもの。

 

それが、大切に扱われる価値があることを私は知っている。

 

だけど私は、寂しくて悲しくて泣いているあなたに何もできない。

ごめんね。

 

それでも私は、あなたがその仕事を本当に大切に作り出したことを、知っているよ。

それを伝えることしかできないけれど。。。

※仕事の愚痴をこぼすウチの配偶者についてプロセスワークでセラピーした後、出てきた気持ちをポエム化しました。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト