「私には力がある」~恐怖のドライブ体験をプロセスワークでセラピーしました。

今、とても腕がだるいです。
パソコンを打つのも億劫・・・。

なぜ、そんなことになっているかというと、今日はプロセスワークのセラピーを受けたのです。

 

~~~

 

今日のセラピーでは、週末のドライブ体験を扱いました。

山梨に行った帰り道、高速道路が渋滞していたので、甲府から上野原まで国道20号を走りました。

勝沼を抜けると、20号はくねくねの山道になります。

台風の影響で雨が降る夜、運転がヘタクソな私は超スローに走ります。

 

すると、後ろからやってきた車がピタッと後ろに張り付きました。

バックミラーに移るライトからは、

「速く走れ、ゴラァ!!」

という怒りを感じました。

 

私の中では、”早く道を譲らなければ”という気持ちと、”少しでも速く走らなければ”という気持ちが交錯し、道を譲るための空き地もうまく見つけられません。

「ひえ~~~っっっ」

と、走っていたら、ついに隣の配偶者にも、

「早く道を譲りなよ!!」

と怒られ、もう、パニックになってしまいました。

 

この出来事について、プロセスワーク的に整理すると、

恐怖におののいている私は『いつもの私』であり、

後ろから迫る来る車のライトは、『生ききっていないもう一人の私』となります。

セラピーでは、『生ききっていないもう一人の私』を、身体で体験していきます。

 

迫りくるライトになりきっていたら、ねっとりとした暗闇をもがきながら押している自分を感じました。

そんなイメージで、セラピストさんが持つ座布団をぐぐっと押していたら、涙があふれてきました。

 

『私には、力がある』

 

そんな気持ちが湧きあがってきました。

 

今まで繋がっていなかった”力”に、繋がることができた感覚。

その感覚とともに、あふれてくる涙。

 

生ききっていない、もう一人の自分とつながることができたときの涙でした。

 

今、だる~い腕の感覚とともに、”力”と繋がったときの記憶を思い出します。

 

『私には、力がある。』

 

その”力”とともに、今、ココにいる私を感じています。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師/公認心理師/産業カウンセラー/プロセスワークプラクティショナー/森林インストラクター/森林セルフケアコーディネーター/メディカルハーブプラクティショナー/ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー/日本森林療法協会元理事