魂の愛がもたらす変容とは

つながって やろうじゃないの ホトトギス

今日は、私の中の大切な通過点のひとつ、「魂の愛」という本について書きたいと思います。

魂の愛/ナチュラルスピリット

¥2,808
Amazon.co.jp

出会いは、引き寄せの法則ブログで紹介されていたことでした。⇒引き寄せの法則公式ブログ2009.5.8

当時、

魂って何なのよ!!

ハイヤーセルフって誰なのよ!!

と謎だらけだった私に、目に見えない世界のひとつの輪郭を見せてもらったのが、この本でした。

謎だらけだった私の話はこちら
ドルフィン・スター・テンプル物語

本の冒頭には、こう書かれていました。

あなたはこれから、この本を通して、変容への旅を体験することになります。

自分自身の魂と出会い、魂が愛するように愛することを学ぶという素晴らしい冒険に、今まさに出発しようとしているのです。

本書を読み進め、魂の愛と叡智に自分自身をオープンにしていくにつれて、数々の素晴らしい変化が起こってきます。

その頃は、森林療法という仕事に出会い、NPO法人日本森林療法協会の事務局も意気揚々と引き受けたのですが(軌道に乗りかけた頃でした森林療法フィールド案内/講演実績)、NPO法人は分裂・崩壊の危機、家では家族とのトラブルが絶えない。

ぜんぜん、楽しくなかった。

魂とのつながりを築くことで、何か変化があるのなら、

“つながって やろうじゃないの ホトトギス”

という気持ちで、本を読み始めました。

瞑想で嫌な感じが小さくなった!?

この本にはいろいろなワークがあります。

身体の中のセンターを覚醒させていくことで変容がもたらされるというのですが、本を読んだだけでは思うようにワークできません。

そんな中、飛び込んできた情報がキャッスルインザスカイが主催する「魂の愛」のセミナー。

セミナー自体は、まる2日間瞑想しまくり、ひたすら感想をシェアするだけ。最後は居眠りしまくり・・・。という感じで、全くピンと来ませんでした。

 

ところが、このセミナーには、後日録音CDを届けてくれるシステムがありまして。。。セミナー終了から約2ヵ月後、自宅で録音CDを聞いているときでした。

このワークでは、魂とのつながりをイメージしたときに、敢えて、ちょっと嫌だった記憶にアクセスします。私は、最近嫌だなぁと感じた人を思いだし、魂の愛にゆだねるイメージをしてみました。

すると・・・。

あれれ???

CDを聞き終わったとき、その人のことを気にならなくなった自分がいたのです。その人は、とても孤独で寂しくて、私が感じた嫌な感じは、なんだか小さな出来事になっていました。

これは、いったい全体どういうことなんだろう???

もしや、これが、魂とのつながりがもたらす変容なの???

理屈大好きな私が、目に見えない世界にぐっと惹きつけられた瞬間でした。

続き⇒「チャネリングは”そんな感じ”の練習」

 

関連記事

2016.5.21
キラキラが苦手から始まる心の旅

2016.9.27
二極を超えた女性性は蓮の花

 

↓コナラ(orミズナラ?)の新芽はいつ見てもカワイイ。
20160424コナラorミズナラ

Follow me!