本郷綜海(ほんごうそみ)さんのグラウンディングコーチ養成コースに参加してきました。

 

ずっと前から、本郷綜海さんのメルマガやFacebookなどを読んで「現実の捉え方が面白いなぁ~」と思っていたんです。

そしたら、9月から11月にかけて3日間×3回のワークショップがあるという情報が・・・。

今年に入ってから、「自分と向き合いたい~」と思って軽く引きこもっていたので、「ちょうど良いワークショップじゃん」と、好奇心満載で参加しました。

ところがどっこい・・・、好奇心どころじゃコトは済まなかったんです。

ちなみに、このワークショップでの「グラウンディング」とは、カラダとつながり、自分の本質につながることです。

 

「カラダとつながる」と言っても、これがなかなか難しい。

カラダを感じることはもちろん、

瞑想したり、気功したり、運動したり、踊ったり、歌ったり、ヒーリングしたり、散歩したり、昼寝したり、夜寝したり、「だるまさんがころんだ」したり。

 

あれやらこれやらの手段でカラダとのつながりを深めていくと、ポイントポイントで自分の本質とつながる瞬間が訪れるようです。

自分の本質につながると、自然と涙が出るものなんですね。

 

そして、ふと思った。

植物は常に自分の本質とつながっていて、グラウンディングできているんではないか。

だから、癒されるんではないか。

だから、ハーブもアロマもフラワーレメディも、自分の本質とつながるのを助けてくれるんではないか。

 

今まで学んできたハーブやアロマなどの植物療法は、カラダを感じるための入り口であり、自分の本質とつながる入り口だったんだなぁ、きっと。

このグラウンディング、なかなかに奥が深いです。

ただ、カラダを感じるだけというなかれ。

いましばらく、このグラウンディングと遊んでみます。

何が起きるか、お・た・の・し・み。。。。。。。。。

おたのしみ。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト