【お客様の声】内なる自然と、まわりをとりまく自然が統合されるとき。

 

『静寂の時、 私たちの内なる自然は、

まわりをとりまく自然と統合されるのです』

 

ネイチャーゲームの創始者ジョセフ・コーネル氏が、著書「空と大地が私に触れた」で、西アフリカの部族の言葉として紹介していました。

 

自然と自分とが統合されるとき、私たちは、自己超越の欲求にも近づくことができるのかもしれません。

 

 

それが、森林療法の本質のように感じます。

 

 

先日、森林グラウンデイング体験会に

参加していただいた、jujuさんの感想です。

木の幹を 観て …
木の葉を 観て …
まだ葉に付いている種を 観て …

それぞれの木の在り方を 知って…
ワクワク  したところで…
1人の 時間へ

私が 選んだ場所は
大きな モミの木の下

その場所へ 向かう途中に
体の奥から こみ上げるものが…

「あっ、ずーっと あったんだ」

「ずっと ここに あったんだ」

涙が 溢れてきました…

~中略~

 

自分と公園 に 境目がなく

地球は… 大地は…
ずっと 存在していた

ブログ全文はこちら

 

 

このような内なる平和の体験が、

世界の平和を作り出すようにも感じるのです。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事