「傷つきやすくて弱い自分を置き去りにしない。」プロセスワーク:インナーワーク2

先週末のプロセスワークのセミナー、お題は「インナーワーク」。

一人でココロの中で旅に出て、一人で腑に落ちるところまで行って帰ってくる、という感じのワークです。

 

瞑想にとても似ているけど、ケン・ウィルバーの言う「シャドー」への取り組みに近いものではないかと思っています。

 

実は最近、私が他の人を傷つけてしまった“と感じる”出来事がありました。

そして、傷つけてしまった“と感じる”ことに、自分がとても動揺していることに気がつきました。

 

そこで、その出来事をテーマにココロの旅に出ることにしました。

いつも使う誘導瞑想のCDを使わず、ちょうど学んだばかりのインナーワークを使ってみました。

 

~~~

 

まずは、傷つけてしまったと感じている自分を、もっと、もっと、感じていきます。

そこにあったのは、とても弱々しくて、傷つきやすくい、水の入ったシャボン玉のような自分。

 

半熟ゆで卵のように、ちょっと触ったらふるふると震えて、破けてしまいそうな、とても弱い自分。

 

そういえば、中学生の頃の私は、いつもこんな感じだった。

誰か人の言葉に常に傷ついていた。

 

なんで、あんなこと言うの?

なんで、そんなことが言えるの?

 

なんで?

なんで?

なんで?

 

他の人の視線と言葉が怖くて、なるべく聞かないように教室の隅で震えていた。

 

ところが、最近は“力とのつながり”を希求することが多かったかもしれない。。

「全力で悔しさを感じて、力を取り戻す」

「私には力がある」

「自分の信じるところを動かせ」

「だから、なに?」

 

弱くて、傷つきやすくて、他の人が怖くて、ふるふると震えていた自分をどこかに置き忘れていたようです。

弱々しい自分をしっかり感じて目を開くと、世界はとても不安に満ちていた。

 

あ~、でも、これも私の一部なんだ。

不安で不安でしょうがない世界。

 

でも、なぜだろう。

そんな不安な世界がとても愛しいと思える。

 

不安な世界に生きている人々が、みんな愛しいと思える。

この、不安な世界をみんな歩いている。

 

傷つけてしまった“と感じている”自分も、ここに住んでいる。

弱くて無防備な自分でいることに、ちょっとまだ不安はあるけれど、このまま、この自分を感じていたいと思う。

 

弱くて震えているあなたも、大切な私の一部です。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事