HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は天から与えられたギフト

あなたは、他人の気持ちを感じすぎて憂鬱になったり、周りに気を使いすぎて疲れ果ててしまったりすることはありませんか?

 

他人と話すよりも、ひとりで空想をしたり、読書をしたり、絵を描いたりする時間が好きではありませんか?

 

もしそうなら、生まれつき繊細な感性を持っているタイプかもしれません。

 

 

HSPとは

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)とは、生まれつき高度な感受性を持つ人のことで、日本語では『敏感すぎるひと』『繊細な人』などと訳されます。

ヒトの約1/4は繊細な感性を持っているという研究報告もあり、ヒト以外の動物にも繊細な個体は一定の割合存在するそうです。

 

ということは、繊細な特性は遺伝子の多様性の一部として受け継がれてきた生物に必要な素質であり、周りの環境の微細な変化に気づいて種の保存に役立ってきたと考えられます。

参照⇒wikipedia『ハイリーセンシティブパーソン』

 

HSPという言葉は1996年にエレイン・N・アーロン博士が考案したもので、詳細は博士のサイトに詳しく紹介されています。日本語にも訳されているのでご覧になってみてください。

The Highly Sensitive Person

 

 

アーロン博士の書籍は文庫化もされています。

軽い感じの表紙ですが、学術的でわかりやすいと私は感じました。原題は『Highly Sensitive Person』とシンプルです。

 

HSP診断ができるサイトはいろいろありますが(⇒アーロン博士のSelf-Testサイト、⇒HSP診断テスト)、アーロン博士自身が判断には慎重になるように呼び掛けています。

指摘しておきたいのは、このウェブサイトに載っているHSPのセルフテストは、研究調査する上ではとても有用なのですが、どうしても意図しない形で、誤って分類される人たちが出てきてしまうということです。⇒The Highly Sensitive Person FAQより

 

 

HSPの特徴を、アーロン博士は端的にD.O.E.S(ダズ)で表しています。

D.O.E.Sとは、”高い敏感性の人がもつ4つの側面”のことで、

Depth of processing(=プロセスの処理が深い)、

easily Overstimulated(=刺激を強く受けやすい)、

Emotional responsiveness(=感情的な反応が強い)、

empathy and sensitive to Subtle stimuli(=微妙な刺激に対する共感と敏感さを持っている)

を表しています。これはHSPならほとんどすべての人が持っている側面で、個人のバックグラウンドにも左右されることはありません。

The Highly Sensitive Person FAQより
HSPをどのように認識しますかも参照

 

スピリチュアル界には「エンパス」という同じような性質を表す言葉があります。

 

HSPは、「エンパス」を心理学という学問の土壌で考察した言葉だと言えます。

 

 

Depth of processing(=プロセスの処理が深い)

HSPは人口の20%と少数派であり、敏感ゆえの生きにくさが強調されがちです。

ちまたにあふれる本も「いかにうまく生きるか」を説くものが多いですよね。

 

だけどエレイン・アーロン博士は、

「Depth of processing(=処理の深さ)」

という特徴を一番に挙げています。

 

エレイン・アーロン博士は心理学者。

専門用語として敏感さを『Sensory-Processing Sensitivity (=感覚処理感受性:SPS)』と呼びました。

 

HSPは、ただ敏感なだけではないのです。

 

私たちは五感を通して環境からの情報を受け取り、脳がその情報を処理することで、今、ココの環境で適切に生きています。

このとき、HSPと非HSPでは外部環境の情報を処理する(process)経過に違いがあるようなのです。

 

 

受け取った情報を深く処理することは、内側に豊かな世界を作ること。それは、外側の認識力も高めます。

内面への遡行は自己中心性を減少する

 

内側に豊かな世界を持ちつつ外の世界とつながることは、トランスパーソナルの領域であり、世界平和への入口でもあります。

 

だから、「敏感さ」「繊細さ」は大いなるギフトであり、その能力は、宇宙進化の過程で必要とされていると私は感じます。

 

 

魂の願いは、内なる豊かさで世界とつながること。

私たちの魂は、自己を越えて世界とつながることを求めています。

 

それが、アセンション。

 

 

そのときに必要なのは、自分の豊かさを感じながら他者と関わっていく力。

だから、今の世界を変革していく力は、この繊細な感性を持っている人々に隠されています。

 

ひとりで過ごす時間は自分の内面と向き合う時間。自分の内側に広がる複雑で多様な世界を開拓し、人間という生きものを探検している時間です。

 

 

自分の内的世界の豊かさを感じられると、自分以外の世界の複雑さ・多様性も理解できるようになります。

思いやりや絆は、自分の内的世界の豊かさを感じながら他の人と関わることで生まれるもの。自分の世界を感じずに他者の世界を感じることはなかなか難しいものなのです。

 

ルドルフ・シュタイナーも以下のように述べています。

外の世界の輝きを体験するには、自分の内面に輝きを見つけ出す必要がある。

 

例えば、深い豊かな感情を内に秘めた人と、感情の貧困な人とでは、同じように美しい自然に触れたときにも、別の体験内容をもつ。

内面の輝きを体験するためには、自己沈潜する時間を生活の中に確保する必要がある。

外の世界で体験した事柄を、静けさの中で思い出として響かせると、自分の認識能力を育成し、向上させることになる。

より

 

自分の内面の輝きを感じられると、自分以外の世界にも輝きを感じられるようになり、自己を超えた世界との一体感を感じることができるようになっていきます。

それは、「大いなるもの」との出会い。

 

繊細なひとが持っている内なる豊かさ、内面の輝きを感じる力は神様からのプレゼントであり、あなたに与えられた人生のアドバンテージです。

今まで隠されていたその力は、発揮されるのを待っています。

 

自分のエネルギーの中で安らごう。

もし、他人の気持ちがわかりすぎて困るときは、まずは自分だけのエネルギーの中で安らぎましょう。

 

繭や卵の殻、オーラに守られているイメージをしても良いでしょう。

他の人の気持ちが入ってこない、自分だけの世界をしっかり感じるところからスタートします。

 

 

自分の世界に馴染んでくると、自分のものではない気持ちを判別できるようになります。

あなたのものでないことに気づいたら、そっと手放せばよいのです。

 

 

簡単に手放せないときは、そこに執着しているあなた自身の気持ち、「シャドー」があるはずです。

 

そんなときはゆっくり時間をとって手放すワークをするとき。一人でのワークは難しいことがあるので、信頼できるセラピストに助けてもらうことをお勧めします。

 

繊細さのギフトを受け取り、地球に還元する

繊細さは神様からのギフト。

幸せになる力のエッセンス。

繊細さのギフトを受け取って、この地球上で幸せをもたらしていきましょう。

 

より多くの人が自分の複雑で多様な内的世界の理解を深めるとき、私たちの社会も複雑性や多様性に開かれていきます。

繊細なあなたは地球上に愛と光をもたらすことができるのです。

たぶん、それがスターシードの魂。

 

 

 

そんなこと、信じられない??

もし信じられないと感じたら、あなたの内部の深いところに響くかどうか、ご自分の感覚を信頼してください。

信じるも信じないも、私たちは自由です。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師/公認心理師/産業カウンセラー/プロセスワークプラクティショナー/森林インストラクター/森林セルフケアコーディネーター/メディカルハーブプラクティショナー/ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー/日本森林療法協会元理事