大人の化学は筋トレ。『慣れ』るまでの筋トレだぁ。

メディカルハーブ協会のハーバルプラクティショナーコースを教え始めて約1ヵ月。

 

「難しい。」

「ハーブのコースなのに、謎の記号を覚える意味が分からない。」

 

という声をよく聞きます。

 

私は、ハーバリストが化学を学ぶのは、より楽しいハーバルライフを満喫するためだと思っています。

 

だから、植物と仲良くなるため、植物の気持ちを感じるため、の化学を伝えたいなぁと思っているのです。

 

ところが、実際にコースを始めると、そこまでなかなかたどりつけません。

特に、他人が作ったテキストにイライラすることもしばしば。

 

そして、ふと、気がつきました。

化学の基礎勉強は、筋トレと同じ。

テニス部も野球部も吹奏楽部もみんな筋トレするのと同じ。

 

踏ん張って、諦めないで続けていたら、いつの間にか慣れてくるもの。

筋トレを続けていたら、いつの間にか体が慣れてくるみたいに・・・。

 

理系の大学を出て、理系の仕事をしている人は、すでに筋力があるだけ。

頭がいいとか、記憶力がいいとかではありません。

 

わかりやすい魔法の本とか、魔法の先生はいない。

『慣れ』

です。

 

言葉。考え方。イメージ。それらにいつの間にか、慣れていくもの。

もちろん、途中で、

 

ああ~、なるほど‼

 

というブレイクスルーポイントを通ることはあります。

 

そのポイントは、ヒトそれぞれ。

きっと、地道に筋トレしている人にブレイクスルーポイントがときどきやってくるのです。

 

だから、すべてをわかろうとしないで、わかることだけわかってみよう。

何がわかるのか。何がわかったのか。

そして、わからない海の中で泳ぎながら、わかるポイントを見つけよう。

 

大人になってからの学びは、そんなものではないでしょうか。

 

関連記事

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事