「同時多発行動→ひとつひとつ完了させる願いへ」プロセスワーク:ムーブメントワーク

週末のプロセスワークのセミナー、お題は「ムーブメント=動き」でした。

 

 

カラダの動きを丁寧に観察していくことで、無意識下に隠されている様々な本当の願いに気づくことができる。

私は、講師として話している時も、カラダの動きが多いと、よく言われます。

言葉で語り切れないたくさんの思いを、動きに乗せて、語っているのでしょう。

さてさて、そんな私の動きに隠れている、”本当の願い”とは何でしょう???

 

 

昨日扱ったテーマは、

「ピシッとしたい私と、乱される状況との調和。」

 

私は、職場(薬局)ではかなり整理整頓が好きです。(自宅はそうでもありません。)

ハサミ、のり、ホチキスの場所は定位置に、薬は短時間で探せるように保管位置、並べ方も細かくセットします。

ところが、あまり気にしないスタッフによって、いつも乱されてしまうのです。

 

プロセスワークでは、自分を不快にする出来事は、自分が生かし切っていないエネルギーからのメッセージとみなします。

と、いうことで、ぐちゃぐちゃに乱す動きを体験して、深めていきました。

 

面白いことに、ぐちゃぐちゃに乱している途中で、パッと止まる場面があるのです。

パッと止まりながらも次を見据えていて、再びぐちゃぐちゃに乱していく。

 

そこで、

・止まる動き、

・次を見据える動き、

・次に向かう動き

を切り離して、ひとつひとつ丁寧に体験していきました。

 

 

ワーク後に感じたのは、

「ひとつひとつ完了して満足しているワタシ」。

 

私は思考回転のスピードが速く、あれも、これも、同時多発的に考えていることが多いです。

カラダの動きも、あれも、これも、同時に複数のメッセージを発しているようです。

 

私の願いにあるのは、ひとつひとつ完了させて、満足して次に進むこと、でした。

 

さてさて、本日もこれから薬局ですが、このエネルギーを生かすと何か変化があるのかないのか、要経過観察です。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事