めまいからのメッセージ~この世界に対する深い恐れ:プロセスワークセラピー4回目

ちょっとお久しぶりです。

いろいろなことが自分の中で起きていて、洗濯機の中で廻っているようなぐるぐる感でした。

今日、新しい理解とともに、一歩踏み出せた感じがするのでちょっとずつ書いてみよう。

そういえば昨日は秋分だったんですね。

陰と陽とが混ざり合い、新しく変容する日。

実は、夕方からもんすごいめまいがやってきて、死んだように眠っていました。

めまいは、陰陽五行論では「腎」の乱れ。

「腎」は、恐れを司ります。

私の中の奥深くに沈んでいた恐れが浮上して、

「あら、まぁ、そうだったのね。」

と、感じたら、グダグダ悩んでいたビジネスセミナーの申込みボタンを押すことができました。

遡ること4日前、プロセスワークのセラピーでこの「恐れ」を扱っていました。

「恐れ」のエネルギーを感じて、竜巻のように動いていたら、だんだん小さくなって、まるまって、感じきって起き上がったら「恐れ」がどこかに行っていたのでした。

どこかに行ってしまったので、これでいいのかなぁ~と思っていたら、まさかの身体症状として再来。

最初は、めまいはやっぱり虚血だろうから、最近昼食代わりにアイスやケーキ食べてたのがいけなかったかなぁとか、
自分の生活習慣を責めていましたが、今朝、やや復活した状態で瞑想したら、

「恐れからのメッセージとしてのめまい」

という理解で、納得しました。

もちろん、昼食代わりのケーキも自粛しますけれども・・・。

思えば、子供のころから貧血気味で、ちょっと疲れるとめまいが起きていた。

この世界に対する深い恐れの現れだったのかもしれない。

そんなこんなで、今はパソコンを叩けるほどには復活しました。

まだまだ奥深い「恐れ」なのです。

恐れ、恐るべし。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事