小澤千世子先生のアントロポゾフィー的植物観察会~水星ちょこちょこリズム系

さて、日曜日のアントロポゾフィー的植物観察会の続きです。

カモミールは思考に希望を与える。

 

この勉強会では植物観察以外にも鉱物や天体も学びます。

私の苦手分野です~ヽ(*^^*)ノ

今回のテーマは水星。

 

『水星は太陽の一番近くを回り、定期的に太陽の光をさえぎることで生命を和らげる。

太陽生命がそのままだと、外的な素材を自分の中に受け入れることが難しくなり、私たちは食べ物を消化吸収できない。

人間が新陳代謝が可能なのは、水星が太陽生命をいくぶん弱めているから。』

この内容は、去年読んだシュタイナーの「星と人間」にも書いてあった。(忘れていだけど。)

「星と人間」を読んで

 

星と人間―精神科学と天体 (Steiner Books)/風濤社

¥2,376
Amazon.co.jp

 

太陽に近い軌道を細かくまわる水星がリズム代謝系に働くのはなんだか納得。

惑星は、地球に近い分、その重力が私たちのカラダに影響していてもおかしくはない。

 

最近話題の水星逆行についてはシュタイナーは言及していないらしいが、リズム系に働く水星が逆行する時期は各種リズムが崩れるというのもわかる気がする。

崩れる時期があることもまた、リズムのひとつなのでしょう。

 

西洋占星術は、出生時に天体がどの位置にあるかを解釈する形で占います。

「星と人間」には、こう書かれている。

『人間が前世の諸条件によって生まれ持つことになることを星位は引き渡します。』

 

ところが、その後に面白い記述を見つけてしまった。

『人間は今日という「意識の時代」に、ますます自由にならないといけません。

 

人間は星位に従って地球に生まれます。

『しかし人間は、正しい方法で星位から自立する方法を蓄えなければいけません。』

 

その正しい方法は、↓に書いてあるとのこと。

 

一周回って、再び「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」(略してイカチョウ)に戻ってきてしまった。

今までのイカチョウ読書メモはこちら
「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」を読んで
畏敬の気持ちと超感覚的世界の認識
内面の輝きと「沈潜」

私はまだシュタイナー的に薬物を使用することについてピンときていないので、こうやって想像力を膨らませて楽しむことがちょうどよいです。

だれか、西洋近代物理学も把握していて占星術も極めている人に、いろいろ教えてもらいたいよ~。

 

関連記事

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事