小澤千世子先生のアントロポゾフィー的植物観察会~カモミールは思考に希望を与える

昨日は、小澤千世子先生のアントロポゾフィー的植物観察会でした。

 

アントロポゾフィー医学とは、簡単に言うとシュタイナーの人智学を基盤とした医学です。

で、今回のテーマは水星とカモミール。

 

アントロポゾフィー的観察では、植物の性質を地・水・風・火の要素から見ていきます。

↓先生宅のお庭のジャーマンカモミール

 

ふにゃふにゃと生えていますね。

葉にも深い切れ込みが入り、ふにゃふにゃです。

根っこは小さく浅く、「地」の要素の少なさ、そして「風」の要素を多く感じます。

 

さらに、ジャーマンカモミールといえば花の中の空洞です。↓

 

キク科の花は『頭状花序(とうじょうかじょ)』と言って、たくさんの小花が集まって一つの花を形成します。

一つ一つの小花をよく見ると、花びらをつけない『筒状花(管状花)』と花びらをつける『舌状花』の二種類があります。

 

カモミールの花の中心部は、たくさんの黄色い筒状花の集まりです。

ここが、花が熟すとともに膨らむのがジャーマンカモミールの大きな特徴です。

 

縦長に大きくなる空洞は「風」、アルトラル体の要素。

アントロポゾフィー的には人間のカラダは水の中に空気の層を持っていて、そこで思考するそうです。

 

カモミールの特徴からは、なんとなく、思考に及ぼすスピリットを感じます。

この日は、黄色い筒状花をモグモグと食べて感じたことを絵にしました。
すると、青いスーッとしたエネルギーが広がってその後にぐっと核のようなものを感じました。

 

カモミールのリラックス作用は、思考や感情を抑制する感じではなく、不必要なものを取り除いて、その後に残る本質を感じられるからではないかと思いました。

その感覚はまさに、「思考に希望を与える」感じ。(注:この言葉は他の受講生さんの言葉です)

 

見た目はふにゃふにゃしているカモミールだけれど、その中にこんなにもしっかりしたものを持っている。

一つ一つの植物を科学的だけでなく、感覚的に観察するアントロポゾフィー的な観察。

今回も楽しかったです。

 

水星の話は、また後日。

↓同じように膨らんで見えるドクダミも観察してみた。中に空洞はないのだ。

《読書記録》
畏敬の気持ちと超感覚的世界
内面の輝きと沈潜

 

 

 

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事