森の中で白血球&赤血球に思いを馳せる~森と魂のセラピストの妄想生化学

今日は、北の丸公園に来ています。

日曜日の夕方なのに、
とても静かで、穏やかな場所です。

森林セルフケアサポーターの仲間が
ここで体験会を開いていたので、
一度来てみたいと思っていました。

近くまで来たり、
私の行く方向に逃げたり、
マヌケなスズメが多いのは、
巣立ったばかりの子供なのでしょうか。

気のせいか、
体格もポワポワしている感じがします。

巨樹もあり、
花の匂いがし、
風がそよぎ、
スズメがさえずる中で

パソコンを出して叩くのは、
これまたちょっと贅沢な気分になります。

今日は、ファーマシーミナミの
JAMHA認定
ホリスティックハーバルプラクティショナーコースで
森林療法について話してきたばかり。

一人でこんな時間を過ごすのは、
しあわせだなぁと感じます。

昨日から白血球と赤血球について
いろいろ調べています。

カラダの中を自由に動き回る細胞は、
単細胞生物のアメーバが起源らしいですね。

多細胞生物が動物に進化するときに、
異物を取り込んで消化したり、
死んだ細胞を処理したりする仕事を
分担したのが始まりのようです。

(諸説あるようですのでご注意ください。)

なので、

白血球みたいな細胞は、
昆虫やイカ、タコなどの
無脊椎動物にもあります。

ここからは、
私の想像ですが、

カラダを動き回る細胞があるのなら、
その細胞に酸素も運搬してもらおうということで、
赤血球に進化したように感じます。

赤血球は、
基本的には脊椎動物で
進化したもののようですね。

しかも、核がないのは
哺乳類だけとか・・・。

ロマンだねぇ。

その他の赤血球・白血球へのつぶやき
赤血球・白血球

↓ここ、北の丸公園で、
どんなプログラムしようかな・・・。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事