「流れを感じる」プロセスワークセラピー1回目

昨日は、森林グラウンディング体験会のあと、プロセスワークのセラピーに行ってきました。
日本プロセスワークセンターの実践コースでは、在学中に30回のセラピーをすることになっています。

セラピーがどんな体験だったのか、記録しておくのも面白いかなと思って書いてみます。

さて、昨日の時点でモヤモヤと気になっていたことは、

「小さな枠に入っていて、普通のことしか言わない他人」

・・・。

 

まぁ、他人のことで気になることは、大概、自分のことで気になっていることです。

そこで、小さな枠をよく見ていくと、、、、

 

100円均一で買えるような木箱でできていて、中身は透明な煙のような空気です。

その木箱は私を取り囲んでいて、中身の空気は私が他人とうまくやっていくために必要で、守ってくれているものでした。

逆に、私が望むエネルギーを感じると、、、、

焚火やアルコールランプの炎のような、どこからでも、好きな時に湧き立つ感じ。

時々、太陽のプロミネンスのように噴出する。

ここで感じるのは、いつ、どこから、何が飛び出すかわからないワクワク感。

自分もその中に存在する安心感と楽しさ。

その炎になりきって、身体全体で炎を体験していると(実際に炎の気分で踊っています。)、だんだん落ち着いてきました。

炎が落ち着いた後は、焚火のおき火のようになり、おき火が消えた後は灰になり、その灰はいつしか透明な煙になっていました。

そう。あの、小さな木箱に入っていた透明な煙です。

今度は、煙になりきって、感じていきます。

この煙は、とても粘着性があって、ゆったりとした動きです。

でも、炎だった時のエネルギーはそのまま残っていて、この煙の中で私はとても落ち着き、楽しい気持ちでいることができました。

そうか。

木箱に入っていた煙は、これと同じものだ。

煙は、私を守っているわけではない。

煙は、ただそこにあるだけ。

流れているだけ。

煙から私へのメッセージ

「この流れを感じていてください。」

いつしか、煙を包んでいた木箱はいらなくなり、私とその周りには流れとなった空気しか存在していませんでした。

な~る~ほ~ど~。

「普通のこと」と感じるとき、私は「止まっている」と感じていたようです。

実は、流れはいつも存在していて、私もその流れの中で生きている。

みんなも、その流れの中で生きている。

しばらく、この流れを感じながら暮らしてみます。

あ、今日は薬局だ。ここが一番「止まっている」と感じる場所なんだけど・・・。

修行だぜ。

行ってきます。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事