悲しさの本質は自分の思い通りにならない気持ち~ケイシー療法のお友達との会話から。

今日は、月に一度のケイシー療法のオイルマッサージの日。

一緒に森林療法をしていたお友達なので、いつも、施術の前後に近況報告などいろいろお話しします。

3月末から、肺の奥からくるすんごい咳風邪に見舞われて、大変だった話をしたところ、「肺って、何の感情を意味すると思う?」と、聞かれました。

はて。

呼吸する臓器だから、いろんな出入りかなぁ・・・。

と、思いめぐらせていて思いついた。

陰陽五行論では、肺は「金」の行、感情では「悲しさ」を司る。

そうか。。。。

私の中の悲しさからのメッセージだったのかな。

そういえば、私は悲しさをきちんと味わったことがない。

感情を感じるワークとかでも、「怒り」「悔しさ」「寂しさ」などは自分の中からもよく出てくるけれど、「悲しさ」って、どんなんだったっけ。

私の中の悲しさが伝えたいものは、なんだろう。

・・・・・ということで、
悲しさの気持ちと一緒に瞑想しました。

そうすると、意外としょっちゅう悲しさを味わっていたことを思い出します。

・お願いを断られたとき。
・期待した結果が出なかったとき。
・自分の表現に反応がなかったとき。(無視されたと感じることが多い。)
・自分の仕事が評価されなかったとき。
・身近な存在がいなくなったとき。

こんなことを思い出していると、下に流れる共通の思いがあることに気がつきました。

「自分の思い通りになっていない・・・。」

自分の思い、願い、期待とは違う現象が起きたとき、私は「悲しい」と感じるようです。

なんだか、とっても自分勝手なヒトみたいですね。

でも、もしかしたらそれが悲しさの本質なのかもしれない。

そう考えると、「悲しさ」という感情が少し、お茶目に思えてくるから不思議です。

思い通りにならないことを「悲しい」と感じている自分を、すこ~し、感じるようにしてみようと思います。

それで何かが変わるのか、変わらないのか、それはどちらでも良いのです。

今まで見過ごしていた自分と一緒にいたいと思う、ただそれでけです。

新宿御苑前、ハナミズキが見ごろです。
20160410ハナミズキ

Follow me!