「自分の中の多様性に気づく」森林セルフケア講座でワールドワークに挑戦

今週末は、NPO法人日本森林療法協会の森林セルフケア講座(室内編・実地編)でした。

 

室内編では、講義は他の方にお任せして、今回私は司会MC担当でした。

そこで、最後のシェアリングでプロセスワークで体験したワールドワークに挑戦してみました。

 

 

 

ワールドワークとは、ざっくりいうと、テーマを決めて、それに対する賛成意見や反対意見、中間意見、外部意見など、いろいろな立場になりきって、思ったことを口に出してみるというワークです。(専門家の方々、適当な説明ですみません。)

1人でいろんな立場を体験をすることで、自分の中の多様性に気づかされ、いろんな発見がいっぱいです。

ちゃんとした説明はこちらワールドワークとは
(めっちゃ難しくてよくわからないかも・・・。)

 

今回は、

①「森に行って健康になろうよ~!」

という派と

②「森に行って健康とか興味ないし・・・。」

という派にざっくり分かれて、実施しました。

 

森林セルフケアは「森に行って健康になろう~」という活動ですが、

・知名度がない

・集客できない

という問題が常に存在しています。

 

森林セルフケア講座の参加者は、ほぼ全員興味があって来ているわけですが、「興味ないし・・・」という立場の椅子に座ると、

・お酒飲んでストレスケアでいいじゃん。

・森に行ってさらに疲れるのやだ。

・ナンデ効果があるのか、ちゃんと知りたい。

などなど、いろいろな気持ちが口から出てきます。

 

そして、自分の中にもそっちの立場の気持ちが存在することに気づきます。ずいぶん気持ちが掻き乱された方もいたようでした。

でも、それも良かったのかなと思います。

 

自分の中にいろいろなモノを発見することで、「自分とのつながり⇒”癒し”」になると思うので。

これを何度も実施すると、そこから何かが生まれてきそうな、そんな予感を感じました。

また機会があったら、やってみたいな。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事