友人の馬場健一さんと神山和久さんと、コラボ企画を計画しました。

題して、「思考の向こう側へのいざない~自然界からのメッセージを聞こう」

新宿御苑で、内的平静に沈潜してみたい方にお勧めです。
「内的平静に沈潜って、なぁに?」というお話はこちらから⇒内面の輝きと沈潜

日時: 3/13(日) 10 時~ 15 時(お昼休憩有)
場所:新宿御苑
集合:新宿御苑 新宿門 10:00
定員: 10 名
参加費:6000円+入園料 200 円

自然があなたに何かをしてくれるのではありません。

あなたが、自然から何を感じ、落ち着いて沈潜(ちんせん*)したときに湧き起こるものが真であり、自然界から のメッセージなのかもしれない!

決して考えるという思考で はなく ・ ・。

今回は①季節の自然、②大地、③形という3つの側面から、
1.体験する時間
2.30分というゆっくりした時間を沈潜して、思考向こうから浮かぶ感情、想い、思考やイメージ、言葉などに耳を傾ける時間。
3.皆でシェアする時間(無理せず言葉にできないこともあります。)
を、それぞれとってみましょう。

さぁ、あなたの意識にない部分が見えたり聴こえたり感じたりするかもしれません。
それをそっと、胸の内に迎え入れてみてはいかがでしょう。

【タイムスケジュール】
・今を感じる 10:00~10:15
①-1:「季節の自然を感じる」 10:15~10:45 案内人 飯田 みゆき
春分前、まだ春浅いこの季節に息づくの植物、木々の移ろいなどを感じてみましょう。
今この瞬間にある自然を感じることは、思考の向こう側ヘ自分を導く第一歩となるでしょう。

①-2:沈潜の時間(30分) 10:45~11:15
①-3:共有の時間(15分)11:15~11:30

昼の時間(昼食、空間の共有)11:30~12:15

②-1:「大地を感じる」 12:15~12:45 案内人 馬塲 健一
裸足になって、地表に直接触れることで地球のヒーリングパワーを受け取りましょう。
自然と体の繋がりを感じることで、その先にどのような体験が待っているのでしょうか・・・

②-2:沈潜の時間(沈潜の時間(30分) 12:45~13:15
②-3:共有の時間(共有の時間(15分) 13:15~13:30

③-1:「形を感じる」 13:30~14:00 案内人 神山 和久
体と自然の形を感じて、行動、移動、保護などに変換して、自分という存在に気づいてみよう。
体や自然の形という存在に気づく、より深く思考の向こう側の自分に出会えるかもしれません 。

③-2:沈潜の時間(30分) 14:00~14:30
③-3:共有の時間(15分)14:30~14:45

・今を感じる14:45~15:00

*沈潜(ちんせん)の時間とは ?
→心を落ち着けて、深く考える中から自然と沸き上がる新たな感情や思考に気付いてく時間

服装:動ける靴、 傘か合羽 、少し動けて汚れも良い服装
持ってくるもの:昼食、飲み物、傘、裸足 になるため足ふきタオル(ウェットティシュ)、
仰向けになれるくらいのシート(タオル)、肌寒い感じであれば寒さ対策

<お申し込み方法>
各案内人、または 飯田miyuki94-mirhea@sam.hi-ho.ne.jp
までご連絡ください。
①件名「3/13申込みの件(氏名)」
②氏名(ふりがな)
③当日つながる電話番号
④メールアドレス

↓写真は、フィジーマナ島の夕日。新宿御苑ではありません。
20151029マナ島夕日1

実施報告

思考の向こう側へ①

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト