今日は、馬場健一さんと神山和久さんとのコラボ企画「思考の向こう側へのいざない~自然界からのメッセージを聞こう」を実施しました。

以下、レポートです。

どんなイベントなのかの詳細はこちら⇒「思考の向こう側へのいざない~自然界からのメッセージを聞こう」

いや~、すごかったんです。
私が。私の中の変化が。

季節を感じて、自分を感じる

オープニングは、カラダを感じるグラウンディング。

頭の中から、足の先まで意識を下していきます。冷たい風が吹く、今の新宿御苑をナマで感じました。

そして、第一部「季節の自然を感じる」。私が案内人です。

2月に下見をしたときと比べて、ハクモクレンが咲き、キブシが咲き、アジサイが芽ぶき、春は着実に進んでいました。

嫉妬の感情をそのまま感じる

今の自然を感じたら、次は30分の沈潜の時間です。沈潜についての詳細はこちら⇒内面の輝きと「沈潜」

私は、まだ芽吹いていない木々が取り囲む中に座りました。

ややおどろおどろしい容貌で私の周りを取り囲む木々を見上げていると、とある感情がやってきました。

最近感じた、嫉妬、妬みの気持ちを思い出したのです。

ぐぇ~、今、ここで?

と、思いましたが、その感情にエネルギーを入れずにただ、一緒にいます。横になって、ただ、木々を見上げていました。

しばらくすると、なんだか変化が訪れたようなので、起き上がってみました。すると、周りの木々がみんな嫉妬にまみれているように感じたのです。

「本当はあそこに枝を伸ばしたかったのに・・・。」

「本当は私の方が光を得られるはずなのに・・・。」

「本当は私の子孫がそこに育つはずなのに・・・。」

そう、私の周りの世界はすべて、嫉妬に満ち満ちていたのです。不思議なことに、それは嫌な感じではありませんでした。

世界が嫉妬に満ち満ちているのなら、私が嫉妬にまみれていてもいいじゃないか、そんな感じでした。

嫉妬に満ちあふれた世界を感じたところで、1回目の沈潜は終了。

第二部以降は、また次回。

まだまだ、すごいんです~。
第二部の報告はこちら
思考の向こう側へ②~嫉妬に満ちた世界は愛しい。

Follow me!