卒業宣言~NPO法人日本森林療法協会の理事を辞任しました。

まさか、本当にこの日が来るとは思っていなかった。

2016年7月31日、NPO法人日本森林療法協会の理事を辞任しました。

ここまでの背景はこちら
森林療法へのいざない

 

 

本当にやりたいと思って引き受けた仕事だった。

だから、つらくなってしまったのに、

「辞めたい。」

と言うことができなかった。

 

いや、

“辞めていい。”

と思うことさえ、自分の中で許されなかった。

 

しかし、意外にもあっさりこの日はやってきた。

 

《2007年》

NPO法人発足の準備段階で、縁あって事務局を担当することに・・・。

長野県信濃町での全国大会や、ドイツ・バートウェーリスホーヘンへの視察など、夢にまで見たNPO法人での仕事だった。

 

《2008年》

森林療法の研修会が始まり、会員も増え、清里での全国大会では70人もの人が集まった。

 

《2009年》

理事間の意思疎通に不具合が発生し、理事長はじめ、半数の理事が辞任。

混乱のさなか、事務所移転などの行政手続きをした。

必死になんとか手続き完了したが、法務局のお兄さんの前では、本当に泣いてしまった。

 

《2010年》

新理事長のもと、方向性を森林セルフケアと定め、新たなカリキュラムを作成。

 

《2011年》

森林セルフケア普及事業として、心機一転、活動を再開。

 

《2012年》

一見、軌道に乗りかけたように見えたが、私のココロが乗り切らない。

 

《2013年》

事務局の負担に限界を感じ、理事全員に業務を割り振り、分担。

 

《2014年》

業務分担したはずなのに、なぜかココロの負担は軽減しない。

あせり、もがく。

 

《2015年》

森林セルフケアフォーラムを委員会での運営にチャレンジ。

新たな境地を切り開くと同時に、天啓が降りる。

“私が協会を辞める。”

 

なぜ、気がつかなかったのか。

魂の望みはここにあった。

 

《2016年》

辞任の意向を伝え、この日を迎える。

~~~

永遠に来ることはないと思われた、森林療法協会事務局からの解放。

本気で決めて、宣言してしまえば、世界が、宇宙が、動き出す。

 

夢にまで見たNPO法人での仕事。

そして、夢にまで見たNPO法人からの解放。

 

NPO法人で運営事務を経験させてもらったことは、今の私の大きな財産になっている。

本当に、本当に、ありがとう。

 

森林セルフケアフォーラムまでは、運営業務を続けます。

本当の卒業まであと2ヵ月。

今しばらく、よろしくお願いいたします。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事

卒業宣言~NPO法人日本森林療法協会の理事を辞任しました。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 飯田みゆき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ブルボンK(yukihiro kaminaga)さん
    ありがとうございます。
    「自分の中で許可が出ること。」が、
    一番の推進力になりますね。
    新しいことへの挑戦、楽しみにしています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    自分も、分野は違いますが、今年に入って決断して、夢にまで見た管理職からの解放、そして新しい事への挑戦。
    本当にお疲れ様でした(^-^)

コメントは受け付けていません。