日本メディカルハーブ協会ホリスティックハーバルプラクティショナーのコースで生化学を教えています。

前回、受講生の方に「リン酸ってなんですか?」と、質問を受け、リン酸は、大切なところで いろいろ使われているもので・・・と、考えていたら、ふと、口走ってしまった。

「魂がリン酸にあったりして・・・。」

その時はもちろん、冗談で口走りましたが、最近、『宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議』(吉田たかよし著)を読んでいたら、「リン酸が生命にとって大切な役割をしている。」と書いてあって、ちょっと私、いいセンいってたんじゃないの~と、思い出したのです。

【リン酸の使い道 その1 :DNA】

DNAの構造の中で、遺伝子の文字をつなげているのは、リン酸と糖。これがなければ、遺伝子としての機能を果たせません。

『わかりやすい生化学』ヌーヴェルヒロカワ より

【リン酸の使い道 その2 :ATP】

アデノシン三リン酸(アデノシン・トリ・フォスフェイト)。エネルギーを貯めておく、とっても大切な物質です。

 

『わかりやすい生化学』ヌーヴェルヒロカワ より

リンは、実は地球上にそんなに多く存在するものではなく、しかも、DNAもATPも とっても複雑な構造をしています。

それなのに、生命にとって一番大切な機能に これらを利用するシステムは、現在知られている地球上の生命の 共通システムなんだそうです。

「そんな複雑な化合物を使うことで生命が成り立っているとしたら、生命が誕生するのはとても難しいことで、他の惑星や衛星にはおいそれとは生命が誕生しないかもしれない。」と、著者は記しています。

生命の起源としてはアミノ酸の研究が進んでいますが、リン酸とその化合物が 実は生命誕生の大切なキーワードだとしたら、リン酸に「魂」が入っていたとしても、良くないですか?

いえ、これは、一人の妄想者のたわごとです。

科学的根拠はなにもありません。

ただ、そう妄想することで、私の中のDNA、ATPにロマンを感じる。

ただそれだけです。

(おまけ)

生化学的には、リン酸にはもう一つ大切な役割があります。

【リン酸の使い道 その3 : リン脂質】

細胞をとりまく細胞膜を構成するのがリン脂質。

海の中で「自分」と「外界」とを隔てる膜として誕生したであろう、細胞膜の起源。

そこにも、リン酸は大切な役割を果たしています。

そうだ。

今日の年越しは、リン酸に愛を送り、生命の誕生に思いを馳せて、瞑想しよう。

 

皆様、良いお年をお過ごしください。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト