今朝、夢を見ました。

何かの講座に参加していて、講師の先生も一緒に輪になって椅子に座っています。

遅れて入ってきた参加者がいたので、私は空いている椅子を探して輪の中にセットします。

そう、私はどうやら事務局のようです。

休み時間、講師の先生に何か頼まれたんだけど、参加者からも いろいろと質問がきて、私の頭は軽くパニック。

そんな中、参加者の1人Aさんが「講師の先生に もっと こうして欲しかった」と言い残して帰っていきました。

結局私の休み時間はバタバタして終了し、他の参加者との交流もできないまま終わりました。

講師の先生にAさんの言葉を伝えたら、「本人が直接 私に言えばいいのにね。」と、一言。

そう、その通り。

私がやらなくてもいいのだよ。

これはいつもの私のパターンではないか~!

と、思いながら目が覚めた。

 

そう、これがすなわち「白血球のスピリット」

夢の中までバタバタしなくてよろしい。

と、いうことで、目覚ましの瞑想で、「流れる赤血球のスピリット」をイメージしようとしたんだけど、これまたできないの!

なんと根強い 私の中の白血球スピリットよ❗

どこかに「流れる赤血球のスピリットを感じる誘導瞑想」とかいうCD、売ってないかな。

がっつり練習が必要だわ。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト