心を開くことは心の復興の第一歩~仙台初の森林セルフケア体験会

東日本大震災から半年、仙台で森林セルフケア体験会を開催しました。

仙台駅から地下鉄で五つ目、旭ヶ丘駅に電車が到着して扉が開いたら、いきなり森の香りに包まれました。

台原(だいのはら)森林公園は駅の目の前に広がる緑豊かな公園です。

午前中に森を散策した後、ランチの時間に参加者の方が様々なお話を語ってくださいました。

森を歩いた後は、少しだけ心が開かれるのかもしれません。

終了後、車で海岸方面に案内していただきました。

初めて自分の目で見る閖上地区の景色。

今も残っている船、
誰も住んでいない家、
どこまでも広がる家の土台。

仙台の人々はこの景色と共に暮らしている…。

森林セルフケアは、自分を感じることから始まります。

森林セルフケアにできることは、ほんの少し心を開くことだけなのかもしれません。

それでも、心を開くことは、心の復興の第一歩なのではないだろうか。

森林セルフケアの可能性にまた一つ新しい光を感じた1日でした。

そしてまた、たくさんの新しい仲間にも出会えました。

Follow me!