幸せになる力のヒミツ~自分の最も深いところに従う

サネヤ・ロウマンさんがチャネルする、オリンという光の存在がいます。

最初の出会いは『魂の愛』という本でした。

魂の愛/ナチュラルスピリット

¥2,808
Amazon.co.jp

 

その後他の本も読むようになり、オリンの語る言葉に魅かれていきました。

その中でも特に好きなのがこの「リヴィング・ウィズ・ジョイ」

 

最近改めて読み、私はオリンの言葉に大きな影響を受けているんだなと再確認しました。

 

最も深いところに響く考え方を受け入れる

例えば、昔は気がつかなかったこんな言葉。

私が勧めるのは、自分の存在の最も深いところで真実だと響く考え方や提案だけを受け入れて、そうでないものは捨て去るということです。

あなたは新しい考え方の最前線に立つことができます。いったんそれに気づいたら、自分がそれに賛成かどうか、またそれに従って生きたいかどうかを決めることができます。

 

手を変え品を変え、喜びに生きる方法を語っているのに、最後の最後は「自分の判断」を優先するように語りかけるオリン。

 

どんなに瞑想がすばらしいと言われたとしても、

「このことは私に合うだろうか。これは私に喜びをもたらすだろうか。私がそれをやると気持ちよく感じるだろうか。」

と、自分に問いかけることを勧めます。

 

それが、自分を愛することへの課題だから。

瞑想しないことで自分を責める必要はないのです。

 

他人などを権威者にして、自分にとって何が良いかを自分で決める能力が自分にないという気持ちに駆られることがあるが、情報と成長をもたらすときだけ、先生と一緒にいる意義がある。

私(オリン)はあなたの扉を開くために存在する。

 

それは、あなたが決めることです。

スピリチュアルの世界、どれだけ多くの人が「ホンモノ」を求めてさまよっているでしょうか。

そして、「我こそはホンモノ」「唯一の癒しの道」と、歌っている数々のセラピー。

 

失敗したくないとか、時間を無駄にしたくないとか、そんな思いも理解できます。だけど、すべてが完璧だとすれば、みんな、今、自分が必要なモノに出会っているはず。

 

すべての人が同時に同じ移り変わりを経験しているわけではありません。

人々は、次に進んでいく準備ができるまで、そのレベルに留まることが許されなければなりません。

彼らが現在いる成長の次元は進化することができる、という想念を送り、今のありのままの彼らに愛を送ってください。

 

オリンの言葉は、どこまでも愛に溢れている。

罪悪感権力争いもない世界へ出たいと願っている魂に向けて、語りかけている。

 

2011年の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」、ミタさんの決めゼリフは、

「それは、あなたが決めることです。」

でした。⇒それは、あなたが決めることです。

 

どこまでも、あなたが決めること、と語りかけるオリン。

何かを変えるもっとも早く効果的な方法は、新しい考え方を取り入れ、古い考え方を解放しながら潜在意識に直接働きかけることです。

この本を読む時にお願いしたいことは、現在すぐに一般大衆に受け入れられない新しい考え方に手を伸ばし、それらを自分の考え方に取り入れてほしいということです。

 

私は、取り入れることに決めた。

私は、オリンの言葉を取り入れることに決めた。

自分の深いところで、真実だといいなと思ったから。

 

もし、チャンスがあったらあなたにも読んでほしい。

そして、自分の深いところに問いかけて取り入れるひとが増えたらいいなとも思っています。

 

リニューアルバージョンはこちら↓

 

《関連記事》

 

 

 

 

Follow me!