東京の東端で白血球への愛を語る

以前、東京の東端で細胞への愛を語る~赤血球編で、赤血球への愛を語りましたが、

今回は白血球への愛を語ってみましょう。

 

私の白血球はがんばっている。

白血球とは、一般的にはリンパ球、単球、好中球、好酸球、好塩基球の5種類を指します。

主なお仕事は、細菌ウイルスなどの異物からカラダを守る生体防御です。

私の白血球は、割と大きく、活発に活動しているそうです。

↓真ん中の白くて大きいのが私の白血球。

 

見ていただいた看護師さんによると、「免疫系は強い方ですね。」とのこと。

白血球が頑張って私を守ってくれているので、私はこのストレスフルな毎日を大病もせずに過ごしている。

私の赤血球は、ちょっとお疲れモード。

逆に白血球は、ちょっとお元気モード。

これは、何を意味するのでしょう?

 

私の生き方は白血球のようだ。

白血球は、もともと活発に活動するタイプの細胞です。偽足を出してアメーバの様に動き、事件が起きれば、サッと現場に駆けつける。

そして様々な攻撃方法で敵を倒す、濃厚な生命活動を行っている頼もしい存在だ。白血球には是非、「事件は現場で起きているんだ!!」と、叫んでもらいたい。

流れるプールで暮らしている赤血球とは、まったく違うスピリットを感じます。

 

私の生き方は、まるで白血球のようだなと思う。いつも頑張って事件に対処し、なぜだか常にバタバタしている。

私の出勤日を狙ったように事件が起きることも、しばしばなのです。

元気な白血球と私の生き方は、フラクタル(入れ子)構造で呼応している様に見えます。

 

だからこそ、今の私に必要なのは「流れる」赤血球のスピリット。血流に身を任せ、酸素がつくも離れるもすべては天にお任せ

んん??

これは、いわゆる「共同創造」のスピリットではないのか???

おととい、波動をみる機械でチェックしてもらったら、やはりキーワードは「流れ」だった。自分自身でなんとかしようとするのではなく、大いなる存在に身を任せる。

これからの新たな私との出会いです。

《関連記事》

Follow me!