相手の中の光を見つめて。~魂からのメッセージ

人の話を聞いていて、なんかちょっと違うな~、と感じた時。

特に
「もっとこうしたらいいのに」
とか、
「もっとこう考えたらいいのに」
と思った時。

アドバイスらしき事を言って、話が進んだ試しはない。

ただフンフンと話を聞いているうちに、本人が答えを見つける事もある。

しかし、どんどんエスカレートして他人攻撃や自己否定に走る時、途中からどうしてもフンフンとは聞けなくなる時がある。

アドバイスしたい自分の気持ちを覗いてみると、私を誇示したい感情があった。

しかしながら、フンフンと共感するふりも嘘な状態。

今のこの状態は、私へのどんなメッセージがあるの?と、私の魂に尋ねた。

「相手の中の光を見つめて。」

相手の魂は、光を放ちたがっていた。

光輝きたい魂の源がそこにはあった。

量子力学の世界では、人が観察したい形に量子は変化するという。

私が観察したいのは、相手の魂の輝き。

私が意図することで本当に光が放たれるのなら、集中して見つめていたい。

…んな事を考えていると、

「アンタに話してもしょうがないか。」

と話題が変わって一安心。

ツカレタ。

Follow me!