「アセンション」とは

いま、スピリチュアル界隈で話題にになっている「アセンション」。私はまんざら絵空事の話ではないと思っています。

そこで今日は、私なりの「アセンション」を定義してみたいと思います。

「ascension」の意味

まずは、英語の語源から見ていきましょう。

「ascension」は、動詞「ascend」の名詞形です。

ascendの意味は「登る」で、語源はad(方向)とscandere(登る)に由来します。

『読む語源学』より

 

「登る」という意味を持つ「scend」という英単語があるんですね~。

「scend」の主な意味:波などの自然力の影響を受け、上昇する、または上方へ持ち上がる

Webrio英和辞典より

自力で頑張って登るよりもナチュラルにあがっていく感じですかね。

 

そして「ascend」は、

「ascend」の主な意味:(上方に)登る、上がる、立ちのぼる、上りになる、騰貴する、(地位的に)向上する

Webrio英和辞典より

 

こんなのも見つけました。↓

ascend: to move up through the air, to move to a more important or responsible job, or to move higher in rank(ロングマン英英辞典)

 

以上から、なんとなく、ふわ~っと、のぼって大切な場所にいく感じ。漢字なら「昇る」感じ。香りを意味する「scent」とも関係ありそうですが、出典はみつかりませんでした。

その名詞形の「ascension」、なんとなくイメージがつかめてきました。

「ascension」の主な意味:のぼること、上昇、キリストの昇天

Webrio英和辞典より

 

そして、スピリチュアルの世界では惑星の次元上昇を「アセンション」と呼んでいます。⇒wikipedia『アセンション』

なんだか上の方へふわ~っと昇っていく感じですね。

 

惑星の次元上昇とは

では、スピリチュアルの世界でいう「次元上昇」とは何でしょうか。

私は、宇宙進化の過程だと理解してします。

引き寄せの法則のエイブラハム、光の存在オリン、ルドルフ・シュタイナー、インテグラル理論のケン・ウィルバー、その他スピリチュアル系、心理学系の本、みんな同じことを言っています。

それは、たちは進化している」ということ。

宇宙に充満する究極的な本性とは、新しい統合を生み出すことへの終わりなき動因である。(ホワイトヘッド)

「『進化の構造』ケン・ウィルバー」より

 

物質的な進化

物質的な宇宙はビッグバンから始まり、原子、分子、恒星、銀河系、銀河団が誕生してきました。

進化の方向は多様性、複雑性が増加しながらもそれぞれを包み込んで超越していく過程、秩序、つながりを形成する傾向へ進んでいます。

 

地球上では、物質よりも複雑な恒常性秩序を持つ生命が誕生しました。

 

生命は単細胞から多細胞へと進化し、複雑な神経系ネットワークのつながりで恒常性を維持する動物が誕生しました。動物は神経活動としての感情を持ち、生命維持に役立てています。

 

さらに神経系が複雑なネットワークを形成し、思考を持つ人間が誕生しました。人間は感情と思考を駆使して複雑で秩序あるつながりをもつ社会を形成しています。その社会は、どんな社会的動物もなしえない大集団を形成してきました。

ここまでは、目に見える宇宙の進化、歴史、自然科学社会科学の分野です。

 

ケン・ウィルバーによると、この流れは物事を部分的にしか見ていないと言います。

物事には外面的な側面内面的な側面があり、さらに個的な側面と集合的な側面にも分けられます。

その4面とも同時に進化を続けて今に至りますが、自然科学・社会科学ともあまり光を当てていないのが、内面的個的な側面』です。

 


ケン・ウィルバー『進化の構造』より筆者が改編

 

『内面的・個的な側面』の進化

では、内面的個的な側面の進化を、ビッグバンから見ていきましょう。

ビッグバン後に誕生した原子は物理的な衝突、電気、重力、化学反応などによってお互い関わり合い、物質的な惑星や銀河を形成しています。その内面活動を「把握」と呼んでおきましょう。

 

地球で誕生した植物などの生命は、お互いの存在を「知覚」する内面活動をしながら織物を紡ぐようにつながり合って生態系を形成しています。それはゾウリムシも大腸菌も同じです。

植物の知性を考える

 

そして神経ネットワークが発達した動物は、環境への固着、欲望など内面活動としての「感情」を持ち、好き・嫌い・慈しみなどのやりとりによって親子、家族の個体がつながり、狩猟採集の生活をしています。草食動物もナマコも他の生命のエネルギーを採集して生きています。

 

さらに複雑な神経系である大脳新皮質の発達した人間は、内面活動の「思考」により虚構を信じる力が生じ、血縁による部族だけでなく共通の神話を持つ社会を形成してきました。

『サピエンス全史』で、著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏は

虚構が協力を可能にした。

より

と述べています。貨幣、人権、正義などの虚構により、ホモ・サピエンスは見知らぬ人との協力が可能になり、繁栄してきたというのです。

虚構は集団での農業を可能にし、王国や帝国という巨大な社会集団を形成することも可能になりました。

 

人類の歴史と進化

ここからは、人類の歴史からその後の進化をみていきます。

16世紀のルネサンスから始まる科学の発達は、理論や可能性などの視点を広げ、工業、産業を発達させてきました。これは、神話的な活動よりも物質的・生物的な活動に近づいたように見えて、実は内面活動がより深く複雑になっています。

 

目の前の現実をつかまえる思考から、起こりうる可能性、いまだ見ぬ世界を想像することは、多視点的な思考の発達です。これは、内面的集合的な側面』でみると、神話的な活動から合理的な活動に進化していると考えられます。

異なった文化を普遍的で異なった視点から並列してみる多視点的な思考により、深く広い感情が流れ始めます。それは「法の下の平等」という虚構を発明し、民主国家の誕生、世界経済への発達と時代は流れてきています。

さらに現在は、国境を超えた情報ネットワークが発達してきています。

 

この先の『内面的・個的な側面』の進化は・・・。

宇宙の進化は多様性、複雑性が増加しながらもそれぞれを包み込んで超越していく過程、秩序、つながりを形成する傾向への進化です。

内面的個的な側面では、この先どのような変化が起きるのでしょうか。

宇宙の進化が複雑性の増大を包み込みながら秩序あるつながりを形成する傾向であるならば、この先の内面的個的な側面の進化は意識の深度の深まり、拡大であるでしょう。

それこそが、「アセンション」であり「次元上昇」なのだと、私は思います。

 

だから「アセンション」は、決して神話的世界に戻ることではありません。

 

自然科学の発達を取り込んで、包んで、含んで、超えていく新しい統合の次元。

現世界を「把握」して、「知覚」して、「感情」を豊かにして、「思考」を透明にして、今までの宇宙の歴史すべてを包含する次元なのです。


 

 

アセンションはトランスパーソナル?

この、内面的個的な側面の進化を科学的に考察しているのがトランスパーソナル心理学だと思っています。


 

心理学は元来内面的個的な側面に焦点を当てた学問です。

アメリカの心理学者アブラハム・マズロー(1908 – 1970)は、

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」

と仮定し、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとした「欲求5段階説」を提唱しました。

マズローは晩年に第6段階目として「自己超越の欲求」を発表し、これがトランスパーソナル心理学の源流になっています。

 

カウンセリングの神様、産業カウンセラーでもお馴染みのカール・ロジャースは述べています。↓

自己にとってどんな脅威もない条件下では、防御性から離れ、生命体が自らをよりよく実現していこうとする潜在的な力に従う。

生命体が自らをよりよく実現していこうとする潜在的な力こそ宇宙進化に向かう力であり、私たちの内面的個的な側面はこれからも進化し続けていくのです。

 

「宇宙に充満する究極的な本性とは、新しい統合を生み出すことへの終わりなき動因である。(ホワイトヘッド)」『進化の構造・ケン・ウィルバー』より

 

新しい統合を生み出す世界は、トランスパーソナルであり、アセンションであり、五次元の世界。

 

そんなに簡単じゃない。

神話的世界に戻ろうとしても、宇宙に充満する動因に逆らってしまうから、うまく戻れない。

戻るんじゃない、新しい統合へ進んでいくんだ。

新しい統合は、誰も見たことのない次元。

それでも、私たちは宇宙に充満する動因によって、そこへ向かっている。

そんな魂の呼び声が聞こえている。

魂の癒しは宇宙の進化に向かう道

 

関連記事

心の癒しは「幸せになる力」に気づく旅

森の癒しから心の癒し、魂の願いへ

 

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事