あと少しふんばって学ぼうかな。2019年。

あけましておめでとうございます。

皆さまはどのような新年をお迎えになったでしょうか。

私は、12月半ばからエネルギーが内側に向かっているのを感じていました。冬至を過ぎてもまだまだ内側に入っていました。

年が明けて2日目、ようやく外の明かりを眺めだした感じです。

 

少し時間をとって、昨年の振り返りと今年の展望を感じてみました。

 

 

精神世界で生きていく覚悟と向き合った2018年

2018年の一大ニュースは、なんといっても昨年3月末で18年勤務した職場からの退職。⇒体調不良はココロとカラダがひとつになる時間

今後自分がどう生きたいのかを突き付けられた一年でした。

 

4月には今後のやりたいことを展望して個人セッションをリニューアルし(⇒等身大の私がお届けします、個人セッション)、

6月には精神世界で生きていく覚悟を決めて(⇒地球に応援されている自分を感じる)、

7月にはワタシ史上初の精神世界に関するワークショップを開催しました(⇒すべてを準備してやり尽くす喜びを味わう)。

9月には『愛と光』に関するワークショップと瞑想会も企画(⇒愛と光でこの世界を生きるシリーズ)。

そんな中、『とても敏感な人:Highly Sensitive Person(HSP)』という概念があることを知りました(⇒HSPとは)。

 

今まで私は精神世界で生きていくには経験が足りないと思っていましたが(⇒魂の世界はシロウトなワタシ)、自分にもお役に立てることがあるのかもしれないと思えるようになった一年でした。

 

2019年の指針を得る

それでも2019年の指針が欲しくて、再び山咲マリアさんにお願いして占星術&タロット占いをしてもらいました。

ちなみに、ワタクシ、占星術はアリだと思っています。⇒占星術は宇宙の声をまとめたもの。

 

山羊座の私は、2008年に冥王星が山羊座に来てから結構しんどいことがたくさんありました。そのしんどさが、私を精神世界に導きました。(⇒引き寄せの法則ってあったなそういえば)

 

破壊と再生の星、冥王星

宇宙戦艦ヤマトでガミラス前線基地があった冥王星

 

その冥王星は、2017年12月に私が生まれた日のポイントを通過したとのこと。

しかし、ほぼ同時に土星が山羊座に入ってきました。

 

 

土星は試練や制限の星。

シュタイナーによると、過去を記憶する星であり(⇒『星と人間』を読んで)、しっかりと包み込むエネルギー(⇒山本忍先生の勉強会にて)。

 

 

2018年は居心地のよかった職場が閉店し、野原に放り出されたような一年だった。新しい創造エネルギーの中でワクワクあり、矛盾あり、とても複雑な年だった。

 

そして2019年、土星の影響でもうしばらく試練と学びの年になりそうとのこと。

ただし、5月には自由と革命の星、天王星がなにやら良い角度をつくるとかで、何かが解放されていくらしい。

そして、2019年12月には幸運をもたらすという木星が山羊座にやってくる。

 

2019年、もう少し踏ん張って、思いのままに学んでいこうと思います。

西郷(sego)どん風に言うと、チェスト!! きばれ~!! という感じでしょうか。

 

 

タロットも見ていただいたのですが、機会があれば、書きますね。

Follow me!