癒しって「主体的な私」を生きることかも。~ケン・ウィルバーの発達過程から考察

先週のことですが、二子渉x甲田烈 コーチングと意識の発達理論トークイベントvol.2に、参加しました。

 

 

まだうまく消化できていないので、今日はメモ程度に残しておきます。

~~~

ケン・ウィルバーのインテグラル理論は前から気になっていて、今年はホリ協さんのセミナーにも行きました。

 

 

本も読みましたが、なかなか難しくて、一筋縄ではいきません。

この本の著者のお一人である甲田烈さんのトークイベントがあるとの情報を見つけ、たまには勉強してみようと思い、ふらっと参加しました。

ざっくりとした感想は、

『哲学的な内容は、ちょっと苦手だなぁ。』

 

ははは。

しかし、それがわかっただけでも、参加した意味がある。

私はやはり、実生活に即した目の前の出来事をどうとらえるか、ということを考えるのが好きみたい。

ウィルバーの意識の発達段階は、6段階もあるので、チョー難しいです。

①呪術的段階
②利己的段階
③神話的合理性段階
④合理性段階
⑤相対主義的段階
⑥統合的段階

これでは、私の頭ではついていけないので、3つに分けた考え方がわかりやすい。

 

①②③までが、⑴自己中心的段階

「ワタシ」という価値観で世界を理解しようとする段階。

「ワタシ」の視点が社会や世界を理解するための「ものさし」になっている。

 

④が⑵合理的段階

他者の思考も含めた合理的な思考ができる段階。

所属する「私たち」の文化、集団の視点や歴史を中心に世界を理解する傾向にある段階。

 

⑤⑥が、⑶世界中心的段階

「ワタシ」や「私たち」の視点を絶対視することなく、多種多様な視点を統合する「ポスト合理的」な思考が可能になる。

「ワタシ」や「私たち」の世界観に埋没しない主体的な「私」を生きることができるようになる。

(↑上記の本からの抜粋しながら、私なりの整理をしてみた。)

 

こういう考え方は、ホント、慣れですね。

“癒しとは、自分とのつながり”だと思っているのですが、「自分とのつながり」の、ひとつのものさしとして、こういう発達段階をとらえてみてもいいのかなと思ってみた。

今日はここまで。

慣れない心理学系の話を書いてしまった・・・。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事