インテグラル理論を学ぶ。

今日は、ホリスティック医学協会の「インテグラル理論を学ぶ」の講座でした。

インテグラル理論提唱者であるケン・ウィルバーの「世界は救済を必要としていない」という言葉は、
去年の夏からずっと気になっていたものです。

「インテグラル」と言えば、高校数学の積分で使ったインテグラル記号。

Sを長くした形のこれ↓です。


wikipedia『積分記号』より

「グラフのここからここまでを、ぜ~んぶ足しちゃうよ」の、記号です。

数学の先生が、「これを使うと、どんな図形の面積も出ちゃうんですよ~!!」と、
嬉しそうに話していたのを記憶しています。

 

日本語では「統合」のイメージがありますが、
英和辞書では「不可欠な」とか「完全な」という意味が出てきます。

ウィルバーの言う「インテグラル」は、いろいろなライフスタイルの単なる寄せ集めではなく、
必要不可欠なもの、重要なものをしっかり見極めての「統合」

そのためにライフスタイルの要素を4つの領域に分け、その4領域をバランス良く取り入れていきましょう、というのが「インテグラル・ライフ・プラクティス」というもの。

 

で、その4領域とは、

①体(body)
②心(mind) 思考、感情、情緒など。

③魂(sprit) 瞑想、黙想など。
④影(shadow) 無意識の領域

各分野での実践を心がけることで、盲点も少なくなる。すべてを網羅できるものがあるわけではないので、いろいろな実践を試みることが大切だそうです。

 

なるほど~。

それぞれの詳細はこちらから↓

ボディへのとりくみ

マインドへのとりくみ

スピリットへのとりくみ

シャドーへのとりくみ

 

もう1つ、大切なのは「人間は、統合的であろうとする本能を有している」という言葉。

ヒトは、自己が持つ多様な側面や要素のすべてを開発、深化させて行こうとする本能がある。

 

これって、プロセスワークで言う「2次プロセス」の考え方に似ている。今までと異なる新たな自分の側面や、生き切っていない自分を、もっと生きたいという欲望。

これも自分、それも自分、あれも自分。

 

いろんな自分を意識化すると、今より、もちょっと豊かで楽しくなりそうです。

そんな自分への深化が健全に発揮されるためには、必要最低限の道しるべが必要で、それが、理論

とっても納得。

 

言葉にすると、今までいろいろ感じてきたことが改めて自分の中に入ってくる。

だから、理論もいいものです。

 

第二回「ボディ・スピリット編」の報告はこちら↓

 

上に上にと向かって伸びる枝。本能。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師/公認心理師/産業カウンセラー/プロセスワークプラクティショナー/森林インストラクター/森林セルフケアコーディネーター/メディカルハーブプラクティショナー/ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー/日本森林療法協会元理事