リン酸瞑想のススメ

まず、全身60兆個の細胞を感じます。
次に、細胞膜のリン脂質を感じます。

次に、核の中のDNAの中で遺伝子を繋いでいるリン酸を感じます。

さらに、ATPを感じます。
ATPからひとつリン酸が取れて、ADPになるときに莫大なエネルギーが生まれ、それを利用して私のカラダが生命活動を行っていることをイメージします。

何だかジュワーッとカラダが熱くなって、意識がどこかに行きます。

戻ってきたとき、意味もなく幸せを感じます。

このメカニズムは、まだ言葉にできません。

が、瞑想のスッキリ感、カラダを感じたあとのスッキリ感は、みんな共通な感じがします。

意識をカラダに向けることで何が起きているんだろう?

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事