フィジー・ハーブツアーより帰りて

なんと、2007年以来8年ぶりに海外へ行ってきました。

NPO法人日本メディカルハーブ協会が主催するフィジーへのツアーでした。

現地でハーブの研究をしている村上志緒先生と一緒に、現地のハーバリストの方のお話も聞けるということで、勇んで行ってきました。

もちろん良かったんですが、なんというか、リフレインするのは20年前の1995年にNGOのツアーで参加したタンザニア植林ワークキャンプのこと。

現地のおうちにホームステイして、現地の子供たちと一緒に植林した、あの思い出がよみがえってきたんですね。

ハーブを学ぶというより、自然とともにある生活に触れた感覚

 

現地に息づく人々の呼吸。
観光客相手に軽口をたたく現地スタッフの軽いノリ、ペタペタした語感の現地の言葉、明るい太陽大地を感じさせる音楽や歌。

アフリカと遠く離れた南の島で、同じ空気感がそこにあった。

そして、TOEIC 600点を超えた英語力で体験した海外は、やっぱり今までよりも楽しいものだった。

 

私は何を世界に表現していきたいんだろう。

自分の健康のためにハーブを使うという感覚ではないのだ。

植物自然太陽と、大地と。そして人間

この地球をまるっと体験して、全身全霊で、この地球に存在する喜びを表現したい。

そんな気分です。
アサンテ・サーナ
ビナカ・ニサ
カムサハムニダ
シュークリア
ぜんぶ、ぜんぶ、ありがとう。

Follow me!