小澤千世子先生のアントロポゾフィー的植物観察会~規則正しいタイムの力強さ

今日は小澤千世子先生の
アントロポゾフィー的植物観察会。

 

アントロポゾフィー医学とはとは、簡単に言うとシュタイナーの人智学を基盤とした医学です。

今回の植物はタイム。

↓先生宅のお庭のタイム

まさに、地を這う生え方です。

 

細かい葉は、アントロポゾフィー的には風=アストラル=感情の要素。

 

全体をよく見ると、ぐしゃぐしゃしているようですが、実は規則正しい十字対生。

 

規則正しいリズムは、カラダのリズム系、すなわち胸や肺を整えます。

唇形の花は、小さすぎて、写真には撮れません。

 

タイムの特徴は、なんと言ってもその香り。

身体の中に入ってきた時に、ぐいっと、力を与えてくれる香り。

 

精油はアントロポゾフィーでは火の要素

自我機構に働きかける。

自我機構が、アストラルの感情やエーテルの生命力を整える。

タイムは、カラダの中から力を湧きたたせてくれる。

そんな感じがしました。

 

メディカルハーブでも「勇者の香り」として知られているタイム。

とっても頼もしい存在感です。

 

冷めたコーヒーにアツアツのタイム茶を継ぎ足し、ありえない不味さを味わったのは、おととし、風邪をひいた時だったな~。

 

2018年現在、「神秘学概論」の読書会、開催しています。
シュタイナーの著書の読書会

《読書記録》
畏敬の気持ちと超感覚的世界
内面の輝きと沈潜

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事