【お客様の声】植物は緻密に大らかに生きている。~「植物の知性を考える」

9/22森林グラウンディング体験会
 お申込み受付中です~!

森林グラウンディング体験会9/22@明治神宮

先日全回終了した
「植物の知性を考える」セミナー。
「植物の知性を考える3回シリーズ」

3回すべてにご参加いただいたRさんから、
感想をいただきましたので、
ご紹介します。


~~~

~中略~

第一回目から、
この本を読み解く中で言われていたことは、
植物は地方分権主義という事だった。

植物は生きていくために
自ら栄養素を作り出し、
葉、茎、根の各パーツごとに
置かれている状況を判断し対応している。

私たち人間に例えたら、
なんて完璧な人なんだろうと
憧れてしまうだろう。

植物たちはそれを当たりまえに、
生まれながらに行っている。

しかし、
私たちは植物を自分たちと
全く異なった存在だと思っていた。

今回この本を読み解くうちに、
植物は電気信号を使い情報をやり取りし、
五感を持って身を守り、

進化論で有名なダーウィンは、
植物の根(根端)は、
外部の刺激を感じ取る感覚器官だと記している。

根端は複雑な働きをしていて、
人間や動物の脳のような役割をも
しているということだった。

そう見ていくと、

「植物の個体一つが、一つの群れ」

であり、
大変高度な生き物に見えてくる。

確かに植物は
「はるかに優れた知性」
を持っていた!

外を歩けばたくさんの植物に囲まれています。

その一つ一つに、
この様な生命活動が行われていると思うと
なんだかとても興味深く楽しくなってきます。

今回この勉強会に参加するにあたり、
ハーブという植物について
もっと違う観点から知りたい、
植物についてもっと知りたい!
という気持ちがありました。

そして、三か月前までは
知り得なかった植物についての知識を、
たくさん得ることが出来ました。

先生、そして一緒に勉強をされた方々
ありがとうございました(^^)/

最後に、

「植物は置かれた環境で共生し合い、
 緻密に大らかに生きてる」

これが私が感じ取った究極の感想です。

~~~

Rさん、とても丁寧な感想を
ありがとうございます。

ハーブの勉強は、

「ヒトがどのように利用するか?」

という視点なので、
農学が専門の著者が描く植物は
視点が違っていて面白かったですね。

今回は、こうやって、
一つの本を丁寧に読み解く
奥深さを感じました。

次回は、2017年1月から
こちらの本を読み解く会を開催します。

あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた/河出書房新社

¥2,160
Amazon.co.jp

読み解くだけでなく、
学んだことをカラダで感じてみたい!!

ということで、

「腸内細菌を感じる瞑想会」

を企画中。

今までのの感想はこちら
「植物の世界も複雑で大変そう」
「植物は宇宙に近い存在」
「動けないからこその感覚が備わっている」
「植物の感覚をヒトの集団に生かせる?」
「植物細胞にはトンネルがある?」
「動物は中央集権、植物は地方分権って感じ」

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

☆このブログの歩き方
CONTENTS

☆個人セッションのお申込み受付中
自分を探究するお手伝いセッション

☆下記イベントのお申込み受付中
森の癒しを考えたい人へ
NPO法人日本森林療法協会森林セルフケアフォーラム10/10

森で癒されたいひとへ
森林グラウンディング体験会のお知らせ

植物と深くつながりたいひとへ
植物名のない観察会&植物名を調べ尽くす植物観察会のお知らせ

自分とのつながりを深めたいひとへ
瞑想会(ミトコンドリアを感じる瞑想会他)のお知らせ

英語と戯れたいひとへ
Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

☆ステップメール
「森で癒されるヒミツ」
「ココロに響いた植物&自然界からのメッセージ」

☆メルマガ
このブログの更新情報をお届けします。
「自然も自分もまるっと感じて、ほんのり楽しくなるメルマガ」

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事

【お客様の声】植物は緻密に大らかに生きている。~「植物の知性を考える」” に対して2件のコメントがあります。

  1. 飯田みゆき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ジュピターさん
    植物の電気信号は、現時点では植物の個体内での情報伝達として知られているようです。
    こちらのブログにも書かせていただいています。↓
    http://s.ameblo.jp/miyuki94-moritama/entry-12179908247.html
    植物が他の生物とコミュニケーションするときは、化学物質を使うことが知られています。(ヒトは空気振動=音を言葉として使います。)しかし、まだまだ未知のことも多いので、何らかの方法で語りかけてきたのかもしれませんね。

  2. ジュピター より:

    SECRET: 0
    PASS:
    物言わぬ植物が伝信号で情報を交換しているとは、正直、驚きました。
    私、「虹の松原」をよく歩きます。
    そういえば、松が、
    私に語りかけてくるような気がすることがあります。
    これは、錯覚でしょうか、それとも、
    松が出している電気信号に触れたのでしょうか?

コメントは受け付けていません。