春を告げる塩ラーメンの香り~ヒサカキ満開宣言ちう。

今日は、大磯で

アントロポゾフィー的植物観察会の

勉強会でした。

 

先生のお宅は山の上にあるので、

ズンズンと坂道を登っていきます。

 

ズンズン、ズンズン、

と登っていたら、

 

ふと、

 

甘くて、くさくて、

ガスみたいな香りが

ふわ~っと漂ってきました。

 

 

見上げると、

小さい花がうじゃ~と、

咲いています。

 

枝からも咲いていて、

ちょっと気持ち悪いです。

 

この木の名前は、

 

ヒサカキ(Eurya japonica)。

 

モッコク科ヒサカキ属の

常緑小高木。

 

関東近辺の森では

どこにでもある低木です。

 

 

この花の香りは独特で、

 

都市ガスに似ているとか、

 

たくあんに似ているとか

 

言われています。

 

 

 

『関西のテレビ番組

「探偵!ナイトスクープ

(2009年5月15日放送分)」によると、

 

「インスタント塩ラーメンの

粉末スープのにおいに似ている」

とのこと。

(wikipedia ヒサカキより)』

 

 

そんなヒサカキの香りを

私が知ったのは、3年前。

 

それまでは、この香りを

 

「春だから、

いろいろな花の香りが

混ざっているんだろう。」

 

くらいに思っていました。

 

ひとつひとつ、

自然界の友達が増えると、

春の足音がくっきりと聞こえ始めます。

 

 

 

あなたの家の近くでも、

 

春を告げる塩ラーメンの香り

 

がしているかもしれませんね。

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事